朝日新聞の記者が実証的アプローチで北朝鮮の内実を描いた本

NEWSポストセブン / 2013年8月19日 16時0分

【書評】『北朝鮮秘録 軍・経済・世襲権力の内幕』牧野愛博著/文春新書/872円

【評者】関川夏央(作家)

 二〇〇八年八月、金正日は脳出血で倒れた。外国人医師団の手術で回復したものの、不摂生を重ねた体は多病であった。翌年から金正日は「安心して死ぬための準備」に入った。もっとも若く、もっとも粗暴な息子、金正恩を後継者に選んでの権力世襲である。「百発百中の射撃の腕前」「十八ホールすべてでホールインワン」といったバカげた宣伝は論外にしろ、金正日は義弟・張成沢を息子の後見人と決めた。

 また〇九年春の長距離ミサイル発射と核実験、一〇年三月の韓国哨戒艇撃沈、同年十一月の大延坪島砲撃などは、軍を味方につけるための好戦的蛮行であった。

 さらに張成沢に政敵粛清を許した。そのうちのひとり柳敬は、北朝鮮軍暴挙の後始末のため一〇年十二月と一一年一月に訪韓したが、その帰国直後、家族とともに自宅で射殺された。彼は金正日が拉致テロを認めた今世紀初めの日朝交渉で、外務省の担当者・田中均のカウンターパート「ミスターX」その人であったという。

 著者は金正日の生年を通説より一年早いと見て、一一年十二月十七日に七十歳で死んだとする。父の後を襲った金正恩の、祖父・金日成に似せた極端な刈り上げ頭、遊園地とスキー場にしか興味をしめさぬコドモじみた態度、これらはみな張成沢の指示かも知れない。

 北朝鮮は一九九五年、民生が政治課題からおろさざるを得なかったとき、国家としてはすでに崩壊している。その後は、どんな手段を使ってでも権力を存続させることだけを目的とした。金日成の野心が引き起こし、三百万人の命を奪った朝鮮戦争後、北朝鮮が六十年も存続していることは歴史上の奇跡である。コリア民族の恥でもあろうと痛切に思う。

『北朝鮮秘録』を読んでの感想はもうひとつ、かつて空想的かつ感傷的なコリアしか書けなかった朝日新聞に、ここまで実証的アプローチのできる記者がいたという驚きである。

※週刊ポスト2013年8月30日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング