冷やし中華 仙台と神田の2説ある「元祖店」が明かす誕生秘話

NEWSポストセブン / 2013年8月26日 7時0分

写真

冷やし中華「元祖」の1つ仙台・龍亭の涼拌麺

 昭和初期に誕生した冷やし中華。その元祖をたどると、東京・神田と宮城・仙台に行き着く。2説ある「元祖説」。冷やし中華“最大の謎”に迫るべく、元祖といわれる2店を訪れた。

 まずは宮城県・仙台市の「龍亭」。「冷し中華を始めたのは昭和12年。ラーメンが1杯10銭の頃、25銭と高価なメニューでした」と現店主・四倉暢浩氏。

 祖父の義雄氏が中華料理組合の会長時代、地元中華料理店の夏場の売上げ低下を防ぐために考案したのが元祖といわれる冷やし中華だ。夏限定で、正式名称は「涼拌麺」(りゃんばんめん)。“拌”は中国語で“和える”の意である。

 当時、タレは少量で、砂糖を使用していたものの醤油味と酢の酸味が非常に強く、具はゆでたキャベツ、にんじん、きゅうりの塩もみ、チャーシュー、メンマ、ゆで玉子をざっくり盛ったものだった。当初は冷たいラーメンを想像する客も多く、「こんなもの食えるか!」と返されたこともあったが、組合の力も手伝って人気となり、全国へと広まったという。

 涼拌麺は時代とともに少しずつ形を変え、現在は酢を抑えてレモンとオレンジの果汁を使ったまろやかな酸味のタレが特徴だ。

「元祖という誇りはありますが、伝統の味を踏まえたうえで、時代とともに変わるお客様の好みに合う味を作りたい」(同前)

 お次に訪れたのは、東京都・神田の「揚子江菜館」。「五色涼拌麺」を考案した2代目店主・周子儀氏は大の蕎麦好き。『神田まつや』でざる蕎麦を食べていたとき、自分の店でも冷やした麺を提供できないかと開発を思い立った。

 当時、まかないとして麺を冷やしごまダレをかけて食べていたが、中華料理で冷やした麺をお客様に提供するという発想は皆無。まったく新しい試みだった。

 開発のコンセプトは“贅沢と遊び心”。当時、希少だった砂糖を使い甘く、後味を涼しげにする酸味を酢で加え、200回以上の試行錯誤を重ねて甘酢ダレを完成させた。盛りつけは、思案中にふと顔を上げると、店の窓から富士山が見え、「これだ!」と即座に決まった。

 麺を富士山型に高く盛り、側面に具材を並べ四季を表現。冬の雪を糸寒天、春の大地をチャーシュー、夏の緑をきゅうり、秋の落葉色をたけのこで。

 具の長さは、大好きなタバコをあててみると丁度よかった。ショートホープの長さとマッチ棒の太さが具のサイズになった。こうして昭和8年に、時代を超えるロングセラーが完成した。

【店舗データ】
■龍亭
【住所】宮城県仙台市青葉区錦町1-2-10
【営業時間】月~土11~14時半(LO)、17時半~21時半(LO)、日・祝11~14時半(LO)、17~20時半
【定休日】月
◎涼拌麺は、通年メニュー

■揚子江菜館
【住所】東京都千代田区神田神保町1-11-3
【営業時間】11時半~22時
【定休日】無休
◎五色涼拌麺は、通年メニュー

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2013年9月6日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング