50作目迎えた『十津川警部』 過去の撮影警察が来る騒ぎも

NEWSポストセブン / 2013年9月9日 7時0分

 9月9日放送分で50作目を迎える2時間ドラマ『西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ』(TBS系)。記念すべき50作目『消えたタンカー』の見どころは、十津川警部役の主演・渡瀬恒彦(69才)と実兄・渡哲也(71才)の共演だ。

 50作すべてで十津川警部の相棒・亀井刑事役を演じている伊東四朗(76才)。意外にも、伊東と渡の共演は今回が初めてだったという。

「渡さんから『弟がお世話になっております』と頭を下げられて、びっくりしましたよ。『とんでもない、お世話になってるのはこっちです』と。兄弟でやるのは、どんな気持ちなんでしょうね」

 と伊東。自身もこの作品では息子の伊東孝明(42才)と親子共演を実現。本人は「孝明とはもう何度も一緒にやっていますので」とそっけないが、プロデューサーを務める森下和清さんによれば「すごくうれしそうだった」とか。

 相棒・渡瀬の印象を聞くと、

「私は『この作品で、渡瀬さんご本人とは会ったことがない』ってよく言うんです。渡瀬さんが私服で来たのを1回も見たことがなくて、家を出る時から十津川警部になっているんだと思いますよ。だから『十津川さんとしか会ってない』って」(伊東)

 と笑った。50回も作品を重ねると、トラブルもいろいろ。実際の列車を使った撮影ならではの苦労も多いようだ。

「1日1本しか出ない列車をバックに、渡瀬さんと2人で上野で撮影した時なんか、“ここでNGを出したら、次の日まで撮影できない”って、すごいプレッシャーになりました。1作目の札幌駅のホームでの撮影からして、“これが最終列車ですから、テストなしの本番です”って言われてね。いやぁ、あれもプレッシャーがかかりましたよ」(伊東)

 その1作目ではこんな“事件”も。森下さんが明かす。

「撮影で犯人がつけていた血のりが列車のじゅうたんについてしまって。拭く暇もなく、列車が操車場に入っちゃったんです。そしたら掃除のおばさんが本物の血だと思って110番。パトカーが来て大騒ぎになり、札幌駅には“出入り禁止”になりました」

 2作目は鹿児島が舞台だったが、それも「もう北海道ではできないと思って、反対方向の九州に行った」(森下さん)のが理由というから面白い。

 その2作目では、あわや伊東が降板になる寸前の事態が起きていた。森下さんの話。

「特急『はやぶさ』が東京から終点の西鹿児島駅に着くまでの間、ずっと撮影していても撮影しきれなくて、列車が車庫に入ってからも夜が明けるまで撮り続けていました。それが終わって伊東さんに『次の撮影まで寝てください』と言ったんですが、時間を聞かれて『30分です』と答えたら、『もう殉職させてください』って。それからは、伊東さんに少し気をつかうようになりました(苦笑)」

※女性セブン2013年9月19日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング