風水的に表札を出さない家は人の不在を意味し家運が下降

NEWSポストセブン / 2013年9月10日 7時0分

 風水を学べばもっと運気をよくすることができる、と語るのは風水建築デザイナーの直居由美里さん。今回は家の門について解説します。門といっても一軒家だけではありません。マンションなどの集合住宅にも存在します。

 * * *
 集合住宅でもエントランスは重要です。どこか暗い雰囲気で掃除が行き届いていないエントランスのマンションは、入居者同士が対立していたり、管理費の滞納者が多かったりします。

 マンションでは、共有廊下に直接玄関ドアが接している設計が多いのですが、できればポーチ付きの玄関が吉相です。ポーチにある門扉を戸建ての門に見たてますので、門扉と玄関の扉が一直線に配置されていると凶相です。

 ポーチの周囲に自転車や遊具などを出しっ放しにすると、家の中に入ってくる気を乱します。すっきり片付ける習慣を。マンションが建設される立地は、周辺にも高層の建物が多いものです。間取りや内装だけでなく、周辺建物からの気の当たり方もチェックしてください。

 背後に高層ビルが建っていたり、両脇に建物が迫っていると、圧迫されたように感じますが、風水的にも気が突き刺さった状態であり、凶です。

 高層ビルが立ち並ぶ香港では、自社ビルや自宅に向かって建物の角が向いている状態を嫌います。中国銀行の本店ビルが完成した際、先端の鋭角が香港総督府と香港上海銀行に向けられていると大いに問題になったものです。

 香港の街を歩くと、八卦鏡を取りつけた建物がよく見かけられますが、これは自宅に向けられた建物の角の凶作用を跳ね返すためです。

 表札やインターホンは来客が最初に目にして、手を触れる場所。外気に接しているため、泥やホコリで汚れがちですが、それでは一家の社会的な立場が悪くなります。汚れを拭き取りいつも清潔に保ちましょう。

 表札は必ず出すようにしましょう。表札がない家は、主人の不在を象徴し、家運が下降していきます。

 最近はセキュリティーのために高い塀で囲われた住居が増えてきましたが、高すぎる塀は風水的にはよくありません。高い塀が家屋に接近していると、真上からの採光しか取れません。そして、殻に閉じこもった開放感のない暮らしは、人間関係も先細りとなり、家運の発展が阻まれます。ブロック塀に通気口を付けたり垣根にするなど、圧迫感のない塀にするといいでしょう。

※女性セブン2013年9月19日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング