ももクロの“悲願”国立競技場ライブ 五輪決定でどうなるか

NEWSポストセブン / 2013年9月13日 7時0分

 2020年東京オリンピックの開催が決定し、総額4500億円超をかけて競技場などの整備が始まる。特にメイン会場となる国立競技場の改修工事には約1300億円が投入され、開閉式の屋根を備えた収容人数8万人の新スタジアムへと生まれ変わる。

 1964年の東京五輪の際に建造された国立競技場の解体工事は2014年7月に始まる予定だが、新しい国立競技場建設によって思わぬ影響を受けるとみられるのが5人組のアイドルグループ・ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)だ。

 2012年にグループ結成当初からの悲願だった紅白歌合戦への出場を果たしたももクロ。紅白翌日にあたる2013年の元日に、動画サイト・ユーストリームで配信された生番組でリーダー・百田夏菜子は次なる目標を「国立競技場でのライブ」と宣言した。

 国立競技場は音楽イベントに貸し出されることがほとんどないことで知られる(嵐のライブは開催実績あり。今年も実施予定)が、ももクロは今年8月には日産スタジアムでのライブに約6万人の観衆を集めるなど快進撃を続け、目標達成への道を着々と歩んでいる。ところが、国立競技場の建て替えによってその道筋が閉ざされるのではないか、と危ぶまれているのだ。ももクロのファンクラブ会員はこう語る。

「ももクロはここ数年、春と夏と年末に大きな会場でのライブを行なうのが恒例になっていましたが、今年12月のライブの会場は先日、西武ドームで開催されると発表されました。つまり、解体工事が始まる前に国立でライブをするチャンスは来年春しかありません。そんな急なことが可能なのか。新しい国立競技場が完成するのは2019年の予定。人気の移り変わりが激しいアイドル界で、これから6年もトップでいられるのか心配でなりません」

 一方で、スタジアム改修は「折り込み済み」だとする声もある。芸能関係者が語る。

「五輪招致の可否にかかわらず、老朽化が進んだ国立競技場の改修は進められる予定だった。そのことを知らないで目標を定めるはずがない。8月の日産スタジアムでのライブの冒頭にはリーダーの百田が聖火台に火を灯すパフォーマンスを見せ、タレント・武井壮との徒競走、元Jリーガーたちとのサッカー勝負など五輪を意識した演出がこれでもかとされた。ももクロにとって2020年東京開催は想定されていたはず」

 ももクロのマネージャー・川上アキラ氏は東京五輪開催決定後にツイッターで、〈こりゃあ 2020年に向けてタかさんあーりんカラーチェンジ いっちゃう~〉と書き込んだ。ももクロのメンバーにはそれぞれ、百田夏菜子=赤、玉井詩織=黄、佐々木彩夏=ピンク、有安杏果=緑、高城れに=紫というイメージカラーが設定されている。タカさん(=高城)、あーりん(=佐々木)のカラーを変えるとは、「赤、黄、青、緑、黒」という「五輪カラー」にするということだと考えられる。

「あのつぶやきを見ても、川上さんが東京五輪開催を見越していたのは間違いないでしょう。そう考えると、東京五輪決定の盛り上がりの中で、来年春に改修直前の国立競技場でライブを開催する可能性はまだまだ残っていると思います。あるいは2019年に新スタジアムが完成した時に、五輪に先立ってライブをするという壮大な計画かもしれません。どちらのシナリオにせよ、相当なサプライズになるのは間違いないでしょう」(前出の関係者)

 2019年には、最年長メンバーの高城が26歳となり、グループの平均年齢は20代半ばに差し掛かる。若さと元気を前面に押し出す現在のスタイルのままでいられるのか、さらなる成長が見られるのだろうか。来年春か、2019年か、いずれにしてもファンの楽しみは尽きなさそうだ。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング