新型iPhoneのライバルに京セラ製スタミナ型ガラケー推す声も

NEWSポストセブン / 2013年9月14日 7時0分

 NTTドコモが米アップルの新型『iPhone5s/5c』の販売参入を決めたことで、いよいよソフトバンク、auとともに三つ巴の販売合戦が繰り広げられようとしている。

 9月20日の発売に先立ち、13日には3社それぞれ端末価格を「実質0円」とする割り引くキャンペーンや通信プランなどを発表。早くも東京・銀座の「アップルストア」には、事前予約ができない機種(5s)を求めて泊まり込みを覚悟する人たちの姿も大きく報じられた。

 そんな“iPhone狂騒曲”が今後のスマホ市場をさらに押し上げる可能性は高い。調査会社IDCジャパンの調べでは、携帯電話の国内出荷台数のうち、スマホの占める割合は77.4%(4~6月期)となり、前年同期比で26.8%も増加した。

 だが、「そろそろスマホ疲れも起きている」と話すのは、モバイル評論家で青森公立大学経営経済学部准教授の木暮祐一氏だ。

「新型iPhoneに目新しいサプライズ機能がないように、スマホの進化は一段落した感じを受けます。ユーザーのほうも、いろんなアプリを詰め込んで遊んでいたのは持ち始めの2年くらいで、その後は日頃使うアプリも限られてきて、新しい機種に買い替えても最小限にしかダウンロードしない人は多いはずです」

 もちろん、ヘビーユーザーにとっては、機種自体のメモリー容量やキャリアの違いによるデータ通信の繋がりやすさは買い替えの大きな理由になるだろう。だが、スマホの利用頻度が高い人ほど気にしているのが、従来型のフィーチャーフォン、いわゆる“ガラケー”の動向である。

「スマホの一番の問題は電池が持たないこと。いざというときに大事な仕事の通話ができなくなることを恐れて、スマホやタブレットはインターネット用の端末として使い、電話や簡単なメールはガラケーで済ますという2台持ちユーザーが増えています」(前出・木暮氏)

 当サイトでも既報どおり、かつて携帯電話の開発で凌ぎを削ってきた国内メーカーは、NECやパナソニックが個人用のスマホから撤退する方向のため、現在ではソニー、富士通、シャープ、京セラの4社に集約された。NECはガラケー開発は続ける意向を示しているが、スマホが市場を席巻する現状では、通話重視のラインアップを揃えるのは難しい。

 そんな中、auから9月14日に発売されるガラケーの新モデルがちょっとした話題となっている。京セラ製の『GRATINA(グラティーナ)』がそれだ。連続通話時間が約320分、連続待受時間に至っては約710時間という驚異的なスタミナを実現。さらに、画面全体が振動して音を伝えるスピーカーを採用しているため、騒がしい場所でも相手の声が聞き取りやすいという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング