元モデルの美人ボートレーサー 刑務所で働いていた経験あり

NEWSポストセブン / 2013年9月30日 16時0分

写真

ボートレーサーになる前はモデルとして活躍

 最近、様々な分野で女性の活躍が目覚ましいが、これまで「男の世界」と思われていた公営ギャンブルでも同様だ。その中で、本誌がピカイチ美人として注目するのが、ボートレースの芦村幸香だ。

 157cm、44kgのスレンダーボディ。ボートレーサーになる前は、モデルとして活躍していたというのも頷ける。

「元モデルといっても、警備サービスの会社に就職して、刑務所で働いていたこともあるんですよ(笑い)。悩みは贅沢なんですけど、体重がなかなか増えないこと」

 ボートには体重の下限制限がある。女性は47kg。規定を下回る場合は、ウェアに重りを仕込む。それでも足りなければ、ボートの床にゴム板を敷いてレースに臨むのだという。

 そんな彼女は、現在28歳。しかし、デビューは2年前で、まだまだ新人だ。先輩たちのボートが上がってくると、いち早く駆け寄って整備を手伝う。

 そんな健気な姿もまた美しい──当然、男も放っておかないだろう、と思いきや、「恋人はいません。ボートが恋人っていいたいけど、年齢的にもちょっと危ういんで、出会いさえあれば……」とのこと。これはもう会いに行くしかないでしょ!

【生年月日】1985年6月9日【デビュー】2011年11月18日【所属】山口支部【出走回数】275【優勝】0【1着】4【生涯獲得賞金】1059万6000円

撮影■ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2013年10月11日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング