発展もたらす最大の吉相・四神相応の地 横浜中華街が典型的例

NEWSポストセブン / 2013年10月6日 16時0分

 運気をよくする風水。今回は、発展をもたらす吉相の地形の土地について、風水建築デザイナーの直居由美里さんが解説する。

 * * *
 風水というと、住まいを整えることだと考えられがちですが、もともとは環境全般、どの場所が住むのに適切であるかを追究した学問です。

 どこに都を定め、宮殿を建て、先祖を埋葬するか。皇帝や貴族は、王朝や一族を末永く繁栄させるために地形の吉凶を研究したのです。

 発展をもたらす最大の吉相は、四神相応の地。四神は中国の神話に登場する獣神で、東は青龍、西は白虎、南は朱雀、北は玄武が守ります。そして、青龍は流れる川、白虎は大きな道、朱雀は低い土地、玄武は山に置き換えられます。

 つまり、東に川、西に道、南に広大な低地、北に山があるのが、自然からの恩恵を最大限に受ける地形なのです。

 四神相応が完璧に実現された都市として有名なのが平安京です。東に鴨川、西に山陰道、南に巨椋池を擁した平野が広がり、北に船岡山や鞍馬山があるからです。平安京は四神がきれいに配置され、風水的には最高の環境でした。

 江戸は風水的には平安京ほど恵まれた地形ではありませんでした。そこで天海という天台宗の僧侶が風水的なバリアを張りめぐらし、徳川家の繁栄の礎を造りました。

 天海が使った術の1つは「言霊」です。江戸の北には、玄武となる山がありません。そこで、江戸城の南の門を「虎の門」と名づけ、白虎すなわち西に見立てたのです。南を西に置き換えると、富士山のある西は北となります。

 そして、江戸城の本当の北に当たる日光には東照宮を建立しました。北は古代中国では天帝の方位。そこに家康を祀ることで江戸の守りを完璧なものとしたのです。

 現在では、横浜中華街の4つの門に四神相応を見ることができます。東は朝陽門。青龍の色であるブルーに塗られ、日の出の勢いを街に取り込みます。そして西は延平門。平安が続くように白虎を守り神としています。北と南には黒い玄武門、赤い朱雀門。このように、街の入り口に四神をシンボルとする門を建てることで、中華街の発展と安全が守られているのです。

※女性セブン2013年10月17日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング