ダルビッシュ 山本KIDの元妻のモデルと六本木でデートする

NEWSポストセブン / 2013年10月31日 5時0分

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(27才)とモデル・MALIA(30才)との親密デートが発覚した。

 現在帰国中のダルが寝泊まりするのは、家賃70万円の超高級マンション。普段は、元プロゴルファーの古閑美保(31才)が住んでいる場所だ。つまり、ダルと古閑はそこで“同棲”状態にあるというわけだ。

 10月26日の午後4時半すぎ、ダルは古閑とともにその同棲マンションから出かけていった。迎えにやってきた弟のKENTA(21才)が運転する車の後部座席にそろって乗り込み、東京・六本木ヒルズへ。古閑はそこでひとり車を降り、後部座席に乗ったままのダルに向かって大きく手を振って別れを告げた。彼女が向かったのは六本木ヒルズ内にある回転寿司店だった。

「古閑さんはお店で友人の女性と待ち合わせをしていたそうで、カウンターで焼酎を飲みながらお寿司をつまんでいました。1時間くらいいたんですかね? すぐに会計を済ませて帰ってしまいました」(目撃した客)

 一方のダルが向かった先は、六本木ヒルズに併設している超高級ホテルだった。古閑のいる店から直線距離で数百メートルしか離れていない。ダルがホテルへ入るのを見計らったように黒の超ミニスカートに黒のライダースジャケットを着たひとりの美女が現れた。彼女は、ダルが乗ってきた車に残っていたKENTAを見つけると、手を振って挨拶。そのままホテルの中へと消えていった。

 ダルと美女が再び姿を現したのは、それから約1時間ほどが経った、午後6時30分ごろだった。そろってホテルから出てくると、KENTAが運転する車の後部座席へ。古閑と別れてわずか1時間半ほどの時間差で、古閑が座っていた後部座席に美女を乗せたダル。向かった先は都内にある米沢牛料理店だった。

 エキゾチックな顔立ちのその女性は、ファッション誌『ViVi』などで活躍するモデルのMALIA(30才)。インド人の父と日本人の母を持つ彼女は2001年、18才の時に、Jリーグ・名古屋グランパスのDF田中隼磨選手(31才)と結婚し、長男(10才)が生まれるも、2004年に離婚。しかし同じ年、総合格闘家の山本“KID”徳郁選手(36才)と再婚。次男(8才)、長女(6才)をもうけるも、2009年8月に離婚してしまう。彼女の友人がこう証言する。

「昨年のオフくらいだったかな。MALIAは共通の友達から紹介されてダルさんと知り合ったみたい。お互いハーフだし、子供もいるし、離婚した経験もあるし、共通する部分が多かったから、すぐに意気投合したんですって。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング