アルタ警備員だった要潤 いいともコーナー出演で芸能界入り

NEWSポストセブン / 2013年11月8日 16時0分

 来年3月でついに終了してしまう『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。32年も続いた『いいとも!』の記念すべき第1回放送の特集コーナーは、フランス人コックに扮したタモリがフランス料理に挑戦する『タモリの世界の料理』。料理好きなタモリが、うんちくを語りながら作るという内容だった。

 32年間のレギュラー出演者は、延べ人数で約290人。中には、こんな意外な人たちも。たとえば、後に長野県知事を務める田中康夫さん(57才)。1982年から1985年まで、金曜日レギュラーとして出演、当時『なんとなく、クリスタル』を上梓して、すでに人気作家だった。

 また、美白の女王として知られた美容研究家の鈴木その子さん(享年68)は1999年から翌年12月に亡くなる直前まで、レギュラー出演。他の人たちに比べて、とにかく照明が当たっていた。

 意外な才能を見出したこともある。現在、放送中のドラマ『東京トイボックス』(テレビ東京系)で主演を務める売れっ子俳優の要潤(32才)だが、もともとスタジオアルタのアルバイト警備員だったのだ。1999年、アルタ内で偶然、タモリの目にとまり、イケメン男性を紹介するコーナーに出演。それがきっかけで芸能界入りしたから、タモリの目利きたるや大したもの。

※女性セブン2013年11月21日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング