岡江久美子 母親の介護もあり『はなまる』降板を申し入れた

NEWSポストセブン / 2013年11月14日 7時0分

 11月6日放送の『はなまるマーケット』(TBS系)の冒頭、司会を務める岡江久美子(57才)は突如、来年3月に番組が終了することを発表した。これに対して、もうひとりの司会・薬丸裕英(47才)は、「17年間、見てくださった皆さまに支えられて、本当に私たちは頑張ってこられました」と苦渋の表情を浮かべ、頭を下げた──。

 スタートから17年、ついに幕を閉じることとなったが、その理由についてTBS関係者はこう話す。

「生活情報という独自路線を走っていた『はなまる』でしたが、2010年にNHKが同じジャンルの番組『あさイチ』をスタートさせると、視聴率が低迷し始めました。最近では3%を維持するのがやっとだったんです」

 やはり低視聴率が番組終了の最大の要因だったと考えるのが妥当だろう。しかし、別のTBS関係者はこう話す。

「実は岡江さんは数年前から『はなまる』の降板を考えていたようなんです。90才になるお母さんの介護をしたいというのが理由でした。TBSとしては、岡江さんと薬丸さんが2人揃ってこそ『はなまる』という思いが強いですから、片方が降板するなら、番組を終了するしかないという思いもあったようですよ」

 岡江の降板の意向も番組終了に大きく影響したようだ。岡江は夫・大和田獏(63才)とともに都内の高級住宅街に建つ通称“3億円はなまる御殿”で生活している。二世帯住宅で、岡江の両親も暮らしていたが、10年ほど前に父親が他界。その後は、母親と娘夫婦がこの豪邸で暮らしてきた。

「岡江さんのお母さんは4年ほど前に足を骨折して以来、具合が悪いようで、週に数回、介護ヘルパーさんがお家にやってきてはお世話をしていたこともありましたね」(近所住民)

 2年くらい前までは、こんな姿も見かけられている。

「近所の商店街を岡江さんのお母さんと大和田さんが手をつないで歩いていましたよ。声をかけたら大和田さんは“リハビリで散歩しているんですよ”なんて話していました」(別の近所の住民)

 だが、今年に入るとそんな姿すら見かけられなくなっているという。

「岡江さんのお母さんは、最近になって近所の特別養護老人ホームに入ったそうです。岡江さんは時間を見つけては、お母さんの所に行って、お世話をしているみたいですよ。岡江さんも“このところ、塞ぎ込むことが多くなってしまって、全然笑わなくなったの…”なんて漏らしていました」(大和田家の知人)

 夫・大和田の協力を得て、仕事を続けながら母親の介護をしてきた岡江。だがここにきて母親の体調は高齢ということもあって思わしくなく、岡江は少しでも側にいて母親の面倒を見たいと思うようになったという。

※女性セブン2013年11月28日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング