堺正章にダメ出しのTBS枡田絵理奈アナ 番組卒業に贈る言葉

NEWSポストセブン / 2013年11月16日 16時0分

 女子アナはテレビの華。が、誰にも番組を離れる瞬間はやってくる。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、気になる存在の“卒業”について綴る。

 * * *
 人気料理バラエティ番組『チューボーですよ!』(土曜午後11:30 
TBS系)。アシスタントを務めてきたアナウンサー・枡田絵理奈さんは、11月16日(土)限りで番組を卒業。来週から石田純一氏の娘で女優・歌手のすみれさんにバトンタッチ。枡田さんのファンの私としては、とっても寂しい。「キョショー!」というあの甲高い声が、もう聞けなくなるなんて。

 番組でMCをつとめるのは芸能界の大御所・堺正章。その“キョショー”に対して、「味が辛すぎませんか?」と直球で指摘する枡田さん。マチャアキ相手にここまで媚びず臆せず、ダメ出しができる局アナって、いったいどれくらいいるのでしょう?

 つっこむ枡田さんに対して、「あんた、あたしの母親か?」と怒り出すキョショー。そのあたりがこの番組の醍醐味。ちっとも嫌みじゃない。他のどの番組にも似ていない。不思議な空気が流れていました。

 大御所・マチャアキすら楽しく上手に手のひらの上へのせて扱う枡田さん。この番組で「毒舌キャラ」を確立したとまで言われます。が、礼儀をおさえた上での毒舌ぶりというか。アナウンサーの型を持った上での、辛辣さというか。ふざけているようでふざけきらない、絶妙なバランス感覚というか。

「キョショーが作った料理をただおいしいと褒めるだけではなくて、ある意味ドキュメンタリーであり、リアリティーを求める番組なので、キョショーの成功もうれしいし、失敗も失敗で素直に表せるようにしてきた」(「webザテレビジョン」11月13日)と枡田さんは番組を振り返って語っていました。

 そのコメントから見えるのは、自らの率直な感想と番組のねらいに沿って盛り上げる戦術と、両方を駆使していたということ。だから、大物相手に辛辣なコメントをしても、生意気だったり出過ぎた感じがしなかった、ということではないでしょうか。

 一方で枡田さんはプロ意識が高く、ゲストの紹介をする時は資料も見ずにカンペキに暗記。アナウンサーとしての型と矜恃とが垣間見えました。

 そもそも「メディア」の語源は、ミディアム=中庸。メディアの中でも「アナウンサー」の役割は特に、物事を偏り無く伝える客観的な伝達者です。ところが、今のアナウンサーには、「サービス業」「楽しませる」という一面も期待されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング