朝ドラ『ごちそうさん』の嫁いびり くらたまとPが魅力解説

NEWSポストセブン / 2013年11月28日 7時0分

 放送開始から8週連続で週平均の視聴率が21%を超え、絶好調をキープしているNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』。

 ヒロイン・め以子(杏・27才)が帝大生・西門悠太郎(東出昌大・25才)のもとに嫁ぎ、舞台を東京から大阪に移して物語はさらに白熱。特に気になるのが、め以子の義理の姉・和枝(キムラ緑子・52才)の圧倒的な存在感で、みそ汁の味付けに文句を言ったり、め以子が留守の間に荷物をすべて実家に送り返したりと、嫁いびりから目が離せない!

 女性セブンで嫁姑バトルを描くマンガ『もんぺ町ヨメトメうぉ~ず』を連載する倉田真由美さん(42才)は、嫁姑モノの魅力をこう語る。

「未婚、既婚を問わず、嫁姑の対立は女性なら『あ~、わかる!』と肌で共感できるんです。嫁と姑は夫(息子)を奪い合うわけで、女性の意地悪な本性が出やすい関係性なんですよ」

『ごちそうさん』の中では、こんなセリフが出てくる。

「西門家は、1年は入籍を許しません」
「(女中なのに)なんで一緒に食べはんの」
「勉強の足りない嫁やね」

 もちろん、和枝がめ以子に放った言葉だ。他にも、め以子の作った夕食のお膳を豪快にひっくり返し、彼女が東京から持参した大切な「ぬか床」を捨てるという暴君っぷり。ドラマのチーフプロデューサー・岡本幸江さんが言う。

「視聴者のかたは純粋に “どっちが勝つか”に興味を持っているんでしょう。ただ、和枝は和枝で家庭によそ者のめ以子が入ってきて、今いる家の中で自分の居場所を確保しようとした結果、嫁と小姑の争いになってるんですよね」

 ますますエスカレートする和枝の嫁いびり。なかなか認めてもらえず、悔しい思いをしているめ以子だが、それでも舞台となる大正時代、嫁は素直に“嫁ぎ先”の姑や小姑の言うことを聞くしかなかった。

「この先どうやってめ以子らしく、自分の居場所を見つけるのか。彼女の成長がこのドラマのポイントなんです」(岡本プロデューサー)

 姑・小姑も、嫁の成長に必要な存在なのかもしれない。

※女性セブン2013年12月12日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング