ケネディ駐日大使の長男ジョン 「ぼっち飯」克服記事書き人気

NEWSポストセブン / 2013年11月30日 16時0分

 アメリカの新しい駐日大使として来日したキャロライン・ケネディ氏(56才・以下敬称略)。父がジョン・F・ケネディ元大統領(享年46)ということもあり、大きな話題となっている。

 そして、キャロラインと同じように注目を集めているのが息子のジョン(20才)だ。現在、アイビーリーグのひとつ、名門エール大学2年生。ケネディ家のなかで屈指のイケメンといわれ、飛行機事故で亡くなったジョン・F・ケネディJr.を彷彿とさせるその容姿に、すでにファンも大勢いる。

「将来は政治の方面に進みたい」

 いつしか彼は、政治家への夢を抱くようになっていた。そんな息子の夢を知った彼女は、もう一度ケネディ家を政治の表舞台へという、一家の悲願をわが子に賭けようと考えたのかもしれない。

 まず彼女が行ったこと。それは2008年のオバマ大統領(52才)への応援だった。キャロラインはニューヨーク・タイムズ紙に、「私の父のような大統領に」という見出しで、「国民に希望を与える大統領になる可能性がある人物に、初めて出会った」と寄稿した。それによって、それまでヒラリー・クリントン(66才)にあった流れが、一気にオバマへ移行し、結果的に当選に大きく影響した。また、2012年の再選の際にも、キャロラインは再度オバマを支持している。

 そして、その時の論功が認められた形で、今回、駐日大使に任命されたといわれる。これまで政治・外交経験がないと言われるキャロラインにとっては、大きな挑戦でもある。

 著書『ブッシュ家とケネディ家』(朝日選書)、『ケネディ家の呪い』(イースト新書)を手掛ける明治大学名誉教授の越智道雄さんはこう解説する。

「日本では考えられないことですが、アメリカは約3割の割合で素人が大使に任命されるんです。この素人というのは、大統領選にあたって充分な選挙資金を集めてくれたり支持をしてくれた人のことで、大使任命はその人たちに対する論功人事とされています。キャロラインさんの前のジョン・ルースさん(58才)も論功人事です。ルースさんはシリコンバレーのテクノロジーの弁護士で、オバマさんの選挙資金のために50万ドル集めました。

 彼女の性格と経験を考えれば政治職は無理でも、大使であれば適任です。母から受け継いだ社交界での振る舞いが、日米の友好関係を築いていくのに向いているでしょう。つまり、息子と政界をリレーとしてつなぐにはこれ以上ないポジションですね」

 そんな母の支援に応えるかのように、まだ20才ながら、ジョンはすでに政治家への道を歩み始めている。

「彼は大学で学生新聞の記事を書いています。大学中のトイレを見て回ったランキングの記事を書いたり、学食でひとり食事をとるときのぎこちなさをどう克服するかなどの記事を書いて、学校の人気者です。エール大の同級生がすでに選挙民で、その心をどうやってひきつけるかということをすでに実践しているんです。また、地域の人たちに奉仕するために、救急救命士の資格も取ろうとしているようです。これも一種の公務ですよね」(前出・越智さん)

※女性セブン2013年12月12日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング