「肺がんのCT検査はほとんど無意味」と米国の胸部医師学会

NEWSポストセブン / 2013年12月4日 16時0分

「頭痛で脳波を調べるのは無駄」
「前立腺がんのPSA検査は、ほとんど無意味」
「4歳以下の子供に風邪薬は使ってはいけない」

 アメリカの医学界が、今まで必要と思い込んでいた医療行為の中で無駄なものを追放するキャンペーンを進めている。日本では自治体のがん検診などで年間約13万人が受けているとされる肺がんのCT検査。金沢医科大学呼吸器外科学の佐川元保・教授は、次のように指摘する。

「アメリカの研究で高喫煙者に対しては死亡率を減少させる効果があることが確認されていますが、今のところ、非喫煙者や低喫煙者に対しては確たる効果の証拠がありません。

 しかも、CTには放射線被曝などの副作用のほか、コストが高いという問題があります」

 アメリカの学会も「55~74歳のヘビースモーカー以外は受けるべきではない」と提唱している。

●企画・取材/室井一辰(医療経済ジャーナリスト)

※週刊ポスト2013年12月13日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング