意外と思い違いも? 今さら聞けないFX用語のポイント5

NEWSポストセブン / 2013年12月4日 16時0分

 アベノミクスや2014年からスタートする「NISA」など、経済や金融に関しての話題が盛り上がっている。興味はあってもなかなか踏み出せないまま、“今さら聞けない”用語や思い違いから、ますます遠ざかる人も少なくないのではないだろうか。

 そこで勘違いが多かったり、飲み会の席などで投資の話になった際“それがわかっているのは、デキるヤツだな”と思われるFX用語を絞り込んで紹介。イベント性の高いセミナーで顧客との距離が近く、ユーザーサポートの手厚さに定評のあるFXプライム byGMOのCS担当者・野口さんに、ポイントを教えてもらった。

【1】レバレッジ
 テコの原理のことで、小さい力(小額)で重いもの(大きな取引き)を動かす――ここまでは比較的知られているものの、この「レバレッジ」で大きな取引きができることが、「FXは損失が大きくなるので、怖い」と勘違いされがちなポイントでもある。

「レバレッジ25倍で1万ドルの取引きをする場合、1ドル100円と仮定して必要な保証金は4万円。その取引きで失敗した時の損失は、『1万ドル=100万円』にはなりません。FXは現物(100万円)取引きではなく、あくまで保証金(4万円)取引き。変動幅から発生する、“差金”のみのやりとりになります。

 1ドル100円で買ったものが、101円になったら、1万ドルで差益は1万円。その状態で決済すると、保証金の4万円プラス差益の1万円=5万円が手元に残ります。逆に99円に下がってしまった状態で決済すると、保証金の4万円マイナス1万円=3万円が手元に残り、1万円の損失――というのが基本的なFX投資の仕組みです」(野口さん)

【2】強制ロスカット
「ロスカット」とは、損失を確定させる決済取引き。上記の野口さんの説明を例にすると、「99円でロスカットした」ということになる。では円高が進んで80円になってしまった場合、マイナスは20万円で保証金よりも損失が大きくなってしまう。

「それを回避するのが『強制ロスカット』です。保証金に対して『含み損』――差金の損失が50%に達した時、強制的にロスカットすることで損失を限定的なものにする、FXならではの仕組みで、外貨預金にはこのような仕組みはありません。4万円の保証金だったら、2万円分――98円になった時点で強制ロスカットするため、2万円の損失で取引きを終えることになります。そのため保証金以上の損失が発生することは、基本的にはFXの場合ないですね」(野口さん)

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング