宮沢りえ 舞台千秋楽で小出恵介や愛娘連れて大はしゃぎの夜

NEWSポストセブン / 2013年12月7日 7時0分

 落葉を浮かべゆったりと流れる鴨川のほど近く。古くから京都の人々に愛されるその老舗寿司店は、束の間の休息を過ごす宮沢りえ(40才)を迎えていた。

 その日、りえは主演を務める、野田秀樹(57才)演出の舞台『MIWA』の大阪公演を終えたばかりだった。彼女の隣には、愛娘(4才)とともに、舞台で共演した小出恵介(29才)らの姿もあった。

「大阪公演の千秋楽が終わってすぐ、りえさんは小出さんたちを連れて、ハイヤーで大阪から京都に向かったそうです。舞台は連日満員の盛況ぶりでしたので、小出さんたちを連れて息抜きしようと思ったんでしょうね」(舞台関係者)

 りえが常連というこの店では、彼女お気に入りの鱧寿司をはじめ、いかやトロ、赤貝など旬の造りや寿司が振る舞われ、お酒も進んだという。

 今年7月に行われた舞台『盲導犬』で初めて舞台共演したというりえと小出。本誌は、同舞台の初日にふたりが、古田新太(48才)らを交え食事会をしている様子を報じたが、あれから5か月を経て、ふたりの信頼関係はより深まっていた。

「自分より10才以上も年が下なのに、お酒の席に連れていっても、嫌な顔をしないどころか、少しでも何かを得ようと、小出さんは一生懸命に話を聞こうとする。そんなひたむきな様子に、りえさんは小出さんがかわいい弟のように思えるんでしょうね。小出さんも、自分のことをいろいろと考え、指導してくれるりえさんとの関係を大事にしているそうです」(前出・舞台関係者)

 深夜0時、りえたちは店を出ると、そのまま近くにあるバーへ。宴は2時過ぎまで続いたという。

「りえさんは小出さんやお嬢さん、それにスタッフや芸妓さんも引き連れてカラオケのある個室で大はしゃぎしてましたよ。テキーラや焼酎をぐいぐい飲んで、店を出る頃にはりえさんはもうフラフラでした。小出さんがスマートに介抱していましたよ。でも、彼もさすがに飲みすぎたみたいで、手で頭を押さえたりしていましたけど(笑い)」(目撃した客)

※女性セブン2013年12月19日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング