作家・佐藤愛子 97~12年にコスプレ年賀状作成・初回はトトロ

NEWSポストセブン / 2013年12月9日 7時0分

 そろそろ来年の年賀状を用意する時期だが、有名人はどのような年賀状を出しているのだろうか。

「この年になってね、季節行事なんてもうどうでもいいんですよ。年賀状は生きてるかどうかの安否確認の手段でしかないんですよ」

 と話すのは今年90才を迎えた作家の佐藤愛子さん。とはいうものの、1997年から2012年まで孫と凝りに凝った年賀状を作ってきた。

「孫とトトロの衣装を着て写真を撮ったのがはじまり。面白いから年賀状に使おうって。それから毎年撮るようになったんです」(佐藤さん)

 孫と遊びながら成長記録も兼ねて作り始めた年賀状だったが、孫が思春期に入ると、撮るのを嫌がるようになった。

「娘が“おばあちゃんの楽しみなんてこれだけなんだから、つきあってあげなさい”なんて説得して。でも撮ってるうちに孫も楽しくなってくるんですよ。やっぱり私の血をひいてるんだなぁ」(佐藤さん)

※女性セブン2013年12月19日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング