大容量電池、カメラ翻訳など ガラケーとAndroidの高機能

NEWSポストセブン / 2013年12月17日 7時0分

 2013年9月の発売以降、今もカラーによっては順番待ちという『iPhone 5s』と、カラーリング豊かな普及版として登場した『iPhone 5c』。『iPhone』シリーズは、スマートフォンの54.1%のシェアを占めるほどの圧倒的な人気を誇っている。

 その一方で、最近、ガラケーやアンドロイド端末が、『iPhone』に対抗すべく、独自の最新機能を備えて“逆襲”を始めた。

 まずはガラケー。ウリのひとつの大容量バッテリーが、ますます充実してきている。2013年11月27日に発売されたNTTドコモ『N-01F』は、連続待ち受け時間(完全充電から操作せずに電源がもつ時間)が780時間と『iPhone 5s』の3倍以上。

 アンドロイドになると、さらに驚きな機能を備えている。その理由をITジャーナリストの三上洋さんが言う。

「『iPhone』は、基本的に1年に1回しか新製品が出ませんが、アンドロイドは、さまざまなメーカーから頻繁に出ています。そのため、新しい機能が備わっていることが多い」

 例えば、10月発売のau『GALAXY Note 3 SCL22』は付属のタッチペンで番号を書けば、そのまま電話がかけられる。

 12月6日に発売したばかりのソフトバンクモバイル『AQUOS PHONE Xx 302SH』は、英語文にカメラを向けるだけで、自動的に日本語に翻訳してくれる機能を搭載している。

 いつまでも『iPhone』のひとり勝ちってわけではないかも。

※女性セブン2013年12月26日・2014年1月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング