高橋真麻『コヨーテ・アグリー』にフリー転身の自分重ね共感

NEWSポストセブン / 2013年12月20日 7時0分

 年末年始のお休みはうまくいけば9連休という人も。帰省にお出かけ、楽しみはさまざまですが、家でゆっくりというあなたに、フリーアナウンサーの高橋真麻がおすすめの映画を教えてくれた。

■『アルゴ』
「1979年に実際に起こったイランのアメリカ大使館人質事件が題材。前代未聞の“だまし作戦”で人質を助けるというストーリーと、展開の速さにハラハラ&ドキドキ。久しぶりに手に汗握って見た映画です」(高橋・以下「」内同)

■『デンジャラス・ビューティー』
「仕事ひと筋、色気も何もあったものじゃないFBI女性捜査官の主人公が、ある捜査のためにミスコンに潜入するはちゃめちゃストーリー。主人公を演じるサンドラ・ブロックのサバけた演技を見ると、元気が出るんです」

■『コヨーテ・アグリー』
「ニューヨークに実在する、過激なパフォーマンスを繰り広げるバー『コヨーテ・アグリー』が舞台。一人前になるため、このバーで働き、奮闘する主人公の姿が、フリーとして出発したばかりの2013年の自分と重なって、激しく共感!」

【高橋真麻】
フリーアナウンサー。2013年3月にフジテレビを退職。映画は見たあとに気分が爽快になる作品が好き。

※女性セブン2013年12月26日・2014年1月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング