冬の美肌 キッチンペーパーやラップで代用する乾燥対策指南

NEWSポストセブン / 2013年12月13日 16時0分

写真

廣森知恵子さん(右)が乾燥対策スペシャルケア指南

 東京スカイツリーからくっきり富士山が見えそうな青空が広がった12月7日、スカイツリータウンで『大人の超美肌塾 ~ビューティトークショー~』が開催された。全国から訪れる観光客も交えた観覧者を前に、美容業界キャリア35年、『お手入れの「本当」 美肌本』の著者でハーバービューティプロデューサーの廣森知恵子さんが、家庭の台所にあるものも利用した美肌づくりのテクニックを教えてくれた。

 トークショーが始まり壇上に廣森さんが登場すると、キメ細かい肌の白さと姿勢の良さにやはり目がいく。「言っちゃってもよいですか?」と司会者が確かめると「どうぞ」とにっこり笑って明かされたのは、来月の誕生日を迎えると60歳になるということ。客席からは、見た目の若々しさとのギャップに驚きの声があがった。

 この日の廣森さんが美肌の秘訣として繰り返したのは、肌が老化する一番の原因は乾燥だということ。乾燥を解決するには、普段のお手入れから丁寧に化粧水をつけるのがもっとも効果的で、肌が潤えばキメが整い、毛穴が目立たなくなるのだそうだ。化粧水のつけかたは、洗顔後、1回500円玉大ほどの量を手にとってやさしく手のひら全体で包み込むようにする動作を5回繰り返すだけと実に簡単。

 普段から5回重ねづけ、ちょっと乾燥しているなというときは6回づけで基本のお手入れをしている廣森さんは見事なまでに毛穴が目立たない美しい肌。「ファンデーションはつけていないんですよ」というから、化粧水のあとにどんな美容液やクリームを使っているのかと思えば化粧オイルの高品位『スクワラン』を1滴、手のひらにのばしてなじませるだけだという。

「コットンでお肌のお手入れをする時代もありましたが、今は手のひらを使うようにすすめています。だんだん、自分の手がお肌にやさしい手に変わりますよ。化粧水で肌が濡れれているうちに純度99.9%の高品位『スクワラン』を1滴、顔を包み込むようにやさしくなじませてください。そうすると、ファンデーションいらずのお肌になっていきます。ただし、日焼け止めだけは必ず使ってくださいね。私は3回、重ねづけしています」(廣森さん)

 化粧水を丁寧に5回重ねづけするだけだと言われても、暖房が強すぎたり、忙しくておざなりなお手入れが続くと肌の調子は傾きがち。目のまわりがくすんだり、くまができてコンシーラーやファンデーションを厚塗りしてごまかす日々を経験している人も多いだろう。そんなときは、家庭の台所にあるものを利用したスペシャルケアで美肌を取り戻せるという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング