水どう名物Dの企画術「ヒット生むためホウレンソウは無視」

NEWSポストセブン / 2014年1月4日 7時0分

写真

自由で大胆な発想を貫く「水曜どうでしょう」の生みの親

 地方局の番組で、しかもレギュラー放送終了から11年も経つのに、いまだに絶大な人気を持続していられるのはなぜか。北海道テレビ(HTB)のバラエティー番組「水曜どうでしょう」である。

 過去の放送を編集したDVDは19シリーズで累計300万枚を販売し、関連商品を含めた売り上げは年間20億円をくだらない。

 そこで番組の生みの親である“藤やん”こと藤村忠寿氏(HTBエグゼクティブディレクター)に、ズバリ「マンネリにならない企画術」について語ってもらった。

 * * *
 昨年、TBSのドラマ「半沢直樹」が大ヒットしました。原作は池井戸潤さんの「オレたちバブル入行組」。バブル崩壊前夜に大量採用された今現在40代後半となった銀行員たちが主人公で、僕もまさにこの世代です。

 このいわゆるバブル世代の特徴は、就職がとてもラクだったために、会社への従属意識が今でも低い者と、大量採用されたために同年代の出世競争が激しく、逆に会社への従属意識がとても高い者とに、真っ二つに分かれることです。

 僕は完全に前者のクチで、会社は単に社員の集合体であって、会社と社員個人は対等であるという意識が強くあります。そうなると、個人を無視したいわゆる「会社論理」に対しては強い反発を覚えて、それを押し付けられると「倍返し」だって厭わない。まったくもって会社には嫌われる、自分勝手な社員とも言えるのかもしれません。

 でも「半沢直樹」がヒットした要因のひとつは、バブル崩壊以降の長い不景気の中で、コストカット、人員削減、偽装工作など利益最優先の「会社論理」が幅をきかせ、個人の仕事への思いや、その裏にある個人の生活がないがしろにされたことへのうっぷんが、社会全体にあったからだと思います。

 僕らが過ごしたサラリーマン生活の20数年間は、まさに「会社論理」が優先し、個人の自由な行動がどんどん抑制されていく時代の中にありました。その結果、テレビからも自由でやんちゃな雰囲気はなくなり、個性のない、どこも似たような番組が大量に作られ、視聴者からはマンネリだと揶揄されるようになりました。

 みんな口では「自由で大胆な発想を」と言いつつ、実際に求めているのは、安く大量に、そして誰でも簡単に作れるモノなのです。

 僕は思うのです。「発想」って別に特別なことなんかじゃなく、誰にでもあるものだと。誰だって「こうした方がもっとよくなるんじゃないか」「おもしろくなるんじゃないか」という考えは持っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング