剛力、能年、釈、薬師丸、貫地谷 「稀少名字」女優のルーツ

NEWSポストセブン / 2014年1月12日 7時0分

 有名人の名字には、初めて見る珍しいものが少なくない。ペンネームや芸名を名乗っているケースであることが多いが、中には本名である“稀少名字”をそのまま使う人もいる。

 NHK の朝ドラ『あまちゃん』でブレイクした能年玲奈。「能年」は山陽地方に点在する珍しい名字で、由来は中世に兵庫県姫路市にあった南畝村。南畝は“のうねん”と読むが、難読のため読み方に従って「能年」という漢字を充てた。江戸時代には消滅した地名で、ルーツはかなり古いとみられる。能年も兵庫県の出身だ。

 同じく『あまちゃん』で好演したのが薬師丸ひろ子。彼女自身は東京出身だが、「薬師丸」姓は肥前国佐賀郡薬師丸(現佐賀県)がルーツ。九州には「××丸」が多いが、××さんが開墾した土地という意味。薬師如来に関連するという説もある。

 次は貫地谷(かんじや)しほり。「貫地谷」は広島県西部の安芸発祥の伝統的な名字で、今は広島県東広島市西条町寺家に集中している。貫地谷自身は東京出身だが、父親が広島の生まれである。

 剛力彩芽も、全国で20世帯以下といわれる“稀少名字”組の1人。剛力自身は神奈川県出身だが、「剛力」姓は静岡県三島市の限られた地域の名字。“ごうりき”とは山伏や修験者に従って荷物を運ぶ人のことで、「強力」と書く場合が多いという。

 釈由美子の「釈」は、僧侶に多い名字。本人は東京出身。一般的に「釈」姓はお釈迦様から取られている。

 忽那汐里(くつなしおり)はオーストラリアで生まれた帰国子女だが、「忽那」姓自体は、愛媛県沖の瀬戸内海にある忽那諸島をルーツとする。中世にここを本拠とする、藤原北家の末裔・忽那一族がいたことで知られる。現在も松山市付近に集中している。

 あえて芸名をつけず、“稀少名字”をそのまま名乗るのは、インパクトのある名字で広く認知してもらおうという目的もあるようだ。

●協力/森岡浩(姓氏研究家)

※週刊ポスト2014年1月17日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング