食品表示の「ナトリウム量」は塩分量ではない 計算式紹介

NEWSポストセブン / 2014年1月21日 7時1分

 手軽で1人の食事にも便利な麺類だが、気をつけたいのがその塩分量。ダイエットコーチのEICOさんが指摘する。

「塩分過多はむくみを招いてしまいますが、麺類にはかなりの塩分が含まれています。特に気をつけたいのがインスタントラーメン。

 カロリーは300~400kcal程度と比較的低いのですが、見てほしいのは塩分量。パッケージ裏にナトリウム量が表記されていますが、これは塩分量ではありません。塩分量はナトリウムのmg×2.54÷1000で算出されます。例えばナトリウム3.9gなら3900mgですから塩分量は9.9g。女性が1日に摂っていい塩分量7.5gを超える計算になります。

 特に夜食べたものは体に残りやすく、むくみやすくなりますので、夜の麺類はNG。食べるなら、排泄の時間といわれる午前中に。汗や尿として排泄されるので、比較的むくみを軽減することができます」

※女性セブン2014年1月30日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング