がん保険CM 過去にがんに罹った人物登場に業界関係者違和感

NEWSポストセブン / 2014年1月20日 16時0分

 生命保険のテレビCMは、有名人が出演するもの、キャラクターを使ったものなど多種多様だ。“感動的なストーリー”を見せるCMもまた多い。だが、『生命保険の嘘』(小学館刊。大江英樹氏との共著)を上梓した、大手生保の元営業マンで現在「保険相談室」代表を務める後田亨氏は、そうしたCMを見て保険会社を決めるのは、問題だと指摘する。

 * * *
 人の感情に訴えるCMの手法には疑問を感じます。特に違和感を覚えるのは、がんに罹ったことのある人が登場するCMです。

 7~8年ほど前、保険を営業する人が登場して、自分ががんを経験したから「『がん保険』をお客様に勧めるためにこの仕事に就いた」などと話すCMがありました。その人に他意は無くても、何かが違うと感じました。

 近年では、親をがんで亡くした女性フィギュアスケーターが、自身も若くしてがんに罹りながらも選手生活を続け、リンクでパートナーの男性からプロポーズされるシーンを使ったCMもありましたが、これも心中にスッキリしないものが残りました。

 がんに罹った経験がある当事者が登場するCMを見て感情が刺激されることと、がん保険の価値は関係がないはずだからです。

 感情が揺さぶられるCMを通して、保険に入ることがまさに「お守り」のように感じられるのかもしれません。

※後田亨・大江英樹/著『生命保険の嘘』(小学館刊)より

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング