「4月1日生まれ」の子供がなぜ「早生まれ」扱いなのかを解説

NEWSポストセブン / 2014年2月2日 16時0分

 よく「早生まれ」といわれるが、現行制度では4月2日~翌年4月1日生まれの子供たちが同学年となる。では、4月1日生まれはなぜ「早生まれ」なのか。これには理由がある。

 日本では明治以降、年齢の考え方を「数え年」(生まれた時を1歳とし、以降1月1日を迎えた時に1歳を追加する数え方)から、「満年齢」(生まれた時を0歳とし、以降、翌年の誕生日前日の終了をもって1歳を追加する数え方)に変更した。

 満年齢の考え方では、誕生日を“起点”として1年が満了すれば、1歳が追加される。そのため4月1日が誕生日の人はその前日、3月31日に歳を取る。

 学校教育法施行規則では、学年は「4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる」と規定されており、さらに小学校の入学資格について学校教育法は以下のように定めている。

「満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから」

 これにより、4月1日生まれは3月31日に満6歳に達するため、4月1日生まれまでは小学1年生になれるが、4月2日以降に生まれると入学は翌年となるのである。

※週刊ポスト2014年1月31日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング