激務の看板女子アナ 心のスキを芸人はしっかり突いてくる

NEWSポストセブン / 2014年2月6日 7時0分

 お笑い芸人の陣内智則(39)がフジテレビの「お嬢様アナ」としても知られる松村未央アナ(27)とモデルに二股をかけていた一件は、各方面に衝撃をもたらした。

 お笑い芸人に引っかかりやすいのは「お嬢様タイプ」だけではない。その人気から仕事が集中し、多忙すぎる「エース級」の女子アナもまた、芸人にとって絶好の“カモ”となる。
 
 このタイプに当てはまるのが、TBSの新旧エースアナの2人だ。2013年からフリーとなっている青木裕子アナ(31)はナインティナインの矢部浩之(42)と結婚し、この3月に第一子の出産を控えている。青木同様、『サンデージャポン』でブレイクした田中みな実アナ(27)もオリエンタルラジオの藤森慎吾(30)と熱愛中だ。
 
 2人とも局の看板番組を一手に担い激務に追われる中で交際をスタートさせている。青木は『人生最大のサプライズ プロポーズ大作戦!』、田中は『サンデージャポン』と、それぞれ共演番組で恋人に出会っている。
 
 不規則なスケジュールで、休みが合う一般男性はいない。パパラッチに追われ、デートをするのも合コンするのもひと苦労。そんな中で出会うのは仕事で共演するタレントくらいになってくる。そういう心のスキを芸人はしっかりついてくるのだ。

※週刊ポスト2014年2月14日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング