都知事選候補者 取材をしたら袋に10万円入れてきたので返却

NEWSポストセブン / 2014年2月10日 16時0分

 都知事選に出馬した候補者は実に16人を数えた。「泡沫候補者」と呼ばれる人たちは、供託金300万円を払ってまで、どうして出馬するのか。ノンフィクションライターの柳川悠二氏がその一人、中川智晴氏に直撃した。(文中敬称略)

 * * *
 都知事選は30歳以上の日本人で、供託金を払えば、基本的に誰でも出馬が可能だ。別に都民である必要はない。それゆえ選挙知識の乏しい者や明らかに経歴が疑わしい候補者が全国から紛れ込む。

 選挙期間中の平日、私は中川智晴(55)という岡山在住の候補者を訪ねた。選挙管理委員会に届け出た選挙事務所は、東京の東端・東陽町のビジネスホテル。連絡先は彼の携帯電話となっていた。

 何より目を引いたのは彼の「どんぶり勘定政策」なるマニフェストだった。だが思いつくままに書き殴った文章はいくら読んでも論旨を掴めない。

「都民に年俸800万円を支給して生活水準を上げるのがどんぶり勘定政策。お金を支給しますから、勤務時間は5時間でいいです。余った時間をエステとか、人の少ないパチンコ屋に入ってあげたり、スナックでワイワイガヤガヤするのもいい」

 実際に会うと、余計に混乱するだけだった。早くこの場を立ち去りたい。そんな気持ちに駆られた。

「都知事選も楽勝だなと思います。話しているうちに、人の関心を感じますからね」

 その後、地下鉄に乗って次の取材に向かおうとしたのだが、帰り際に手渡された茶封筒が気になった。マニフェストが入っていると中川は言っていたが……。封を開けると、なんと現金10万円。私は慌てて引き返し、茶封筒を突き返した。

──前知事が徳洲会との金銭スキャンダルで辞職したというのに、どういうおつもりですか。公職選挙法に抵触しかねない行為ですよ。

「えっ、すみません。雑誌に掲載してもらうには、お金が必要だと認識しておりました」

 中川を擁護するつもりは毛頭ないが、彼に選挙協力を求める「袖の下」の意図はなかったはずだ。単に選挙戦の意味、ルールに無知なだけだろう。どんぶり勘定なのは、彼の訴える政策ではなく、彼の選挙活動そのものだった。

 ちなみに中川は後になってヤバイと思ったのか、釈明のため編集部を訪ねてきた。選挙期間中にそんな時間があるのか。だがさらに呆れたのはその釈明だった。

「(猪瀬氏の)5000万円なら悪いけど、10万円なら問題ないと思ったんですよ」

 泡沫候補とはかくもはちゃめちゃな者ばかりなのか。

※週刊ポスト2014年2月21日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング