保険に加入できず医療費全額自己負担で治療断念の中国人続出

NEWSポストセブン / 2014年3月9日 7時0分

 現在、中国には3種類の公的医療保険があり、それぞれ「都市部の従業者向け(保険料率は賃金の8~10数%。うち本人負担は2%)」「都市部の非従業者向け(保険料は年数百元程度)」「農村戸籍者向け(同じく年数十元程度)」と、制度上はすべての国民をカバーできることになっている。

 しかし、それは建前にすぎない。現実には保険に加入できず、「全額自己負担」となって医療費が払えないために治療を諦める低所得者が続出している。

  河南省に住む男性・張さんは一昨年、4歳の息子が急性白血病と診断された。医師から「3日以内に2万元(約34万円)が必要」と言われた上に、完治するまでの3年間で10数万元の医療費がかかることがわかった。加入地域や保険の種類で自己負担率は異なり、農村戸籍者の場合で30~70%。

 その中で急性白血病は自己負担率が10%で済む「大病」に指定されているが、張さんは息子の戸籍届を出していなかったために保険に加入できず全額自己負担に。借金で集めた8万元を使い果たした後、治療の継続を断念した。長く続いた一人っ子政策により第二子以降で「無戸籍」となっている者が数千万人とも1億人以上とも言われるから、同じ悲劇があちこちで起きている可能性は高い。
 
  中国では救急時さえ「看病難」に直面する。この冬、河北省の農村に住む周さんは自宅で倒れた母親のために救急車を呼んだ。医師と看護師が乗って来て点滴や注射をしながら100km近く離れた病院まで運ばれ事なきを得たが、後日、病院からは1200元(約2万円)が請求され、そのうちの1000元は「救急車代」だったという。

 「有料救急車」の相場は地域で異なり、1月20日に基準を改定した天津市の場合、治療費として220元、距離別料金として3kmまでが50元、それ以上は1kmあたり10元。2人以上の患者の「相乗り」なら60%に割引されるという。

  上海在住のフリーライター西谷格氏によると「そのように高額な救急車に貧乏人はとても乗れない。それよりは割安な『黒救急車』と呼ばれる民間救急車が需要に応えている。それらを呼んでも現金やカードを見せなければ乗せてもらえないのが現実」という。
 
※SAPIO2014年3月号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング