坂上忍「自宅に上がる唯一の女性」の人物像語る 同居は否定

NEWSポストセブン / 2014年2月13日 5時0分

 現在、大ブレイク中の坂上忍(46才)の自宅に出入りする特別な女性の存在が明らかになった。

 東京を45年ぶりの大雪が襲った2月8日、坂上は仕事が急遽オフになり、一日中自宅で過ごしていた。午前11時頃。坂上の自宅から犬を3匹連れて出てきたのは、坂上ではなくひとりの女性。ボア付きジャンパーを羽織り、帽子にマスク姿の彼女は、降り積もった雪の中を15分ほど散歩すると、再び坂上の自宅へと帰っていった。

 それから6時間後の夕方5時過ぎ。先ほどの女性が再び犬を3匹連れて玄関先に現れた。

 その横にいる坂上も3匹の犬を連れている。そして彼は、午前11時の散歩時に女性が着ていたジャンパーと同じものを着ていた。一方、女性はショート丈のダウンジャケットを着て、それに合わせてジーンズもはき替えていた。

 降りやむことのない雪の中、はしゃぐ犬たち。坂上も、彼女も、彼らをわが子のように見守っていた。

「そうそう、テレビじゃ嘘ばっかりだよ(笑い)。だって独身だ、ひとりもんだって言ってるけど、彼女なのか、奥さんなのか、もう1年も一緒に住んでるしねぇ(苦笑)」

 と証言するのは近所住民Aさん。坂上と女性は、地元では有名なカップルだという。そこで、彼女の正体について、坂上本人に話を聞いた。

「3年以上前に友人の紹介で知り合いました。32才のエステティシャンです」

 かねてから恋愛対象は25~32才と公言してきただけに、坂上は「ギリ」と言って笑う。

「彼女は唯一、うちに上がってる人なんです。ぼくは男でも女でも誰も家に入れてないので、そういう意味でもいちばん信用できる人」

 一目惚れではなく、坂上いわく、「あんまり表現はよくないですけど、お互いになんとなく」親しい関係になっていったという。坂上は彼女を下の名前で呼び、彼女は「坂上さん」と呼ぶ。そして坂上は、この彼女は「恋人」ではないと否定する。

「まあ正直申し上げますと、これからなんです。ぼく、あんまりそういうちゃんと告白してとか、そういうおつきあいをなかなかしない。卑怯といえば卑怯なんですが。結婚に失敗してますし、あんまりちゃんと正式におつきあいしたりすると逆に相手に迷惑がかかるって思っているので。

 いろんな意味含めて曖昧にしている部分があるので、ぼくのほうがどうのこうのというよりも、そういうぼくを彼女のほうがどうするのかという問題(苦笑)。ただ変な話、正直こうして公になることを彼女はビビっちゃってるので…もしかしたらぼく、フラれるかもしれません(苦笑)。それはセブンさんのせいではなく、その程度でフラれたら、ぼくがその程度の男だったということで(苦笑)」

 また「同棲」について聞くと、これも否定した。

「彼女も家があるので。ただ、今ぼくはずっと体調悪くて、そういうときに助けてもらってるのは間違いなく彼女」

──最後に彼女は芸能人だと誰に似てますか?

「う~ん、ちょっとハーフっぽい顔してる。言いすぎかもしれませんが、キャメロン・ディアスさんをもっとシュッとした顔ですかね。愛嬌がある顔されてるんで」

 坂上は収録の合間のわずかな休憩時間を見つけてくれて、包み隠すことなく、終始照れたような口調だったり、笑ったりしながら彼女の話をしてくれた。「どうか彼女とうまくいくことを願っています!」というと、「いいよ、そんなの。なるようになるんで」と言って笑った。本誌が提示した謎を正面から受けとめ、丁寧に答えてくれた。

※女性セブン2014年2月27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング