おじさん政治家の私生活報告はニーズなし 進次郎議員はあり

NEWSポストセブン / 2014年2月18日 11時0分

 2009年7月始めた小泉進次郎議員のブログは2200本を超え、現在彼の政治活動と日常を知る、貴重な窓口になっている。そのブログについて2009年の衆院選のライバルである弁護士のよこくめ勝仁さん(32才)は次のように話す。

 * * *
 進次郎さんのブログには「親近感」「地元愛」「継続性」という3つの要素があります。

 学生時代に打ち込んだ野球の話や友人とのつきあい、愛犬などがたびたび登場しますが、その結果「小泉進次郎は特別な人じゃない」という親近感が生まれていると思います。もちろん、ほかの政治家だってプライベートを明かすのは簡単です。

 でも結局はそこにニーズがあるかなんですよ。おじさん政治家に「ワンちゃんが好きです」とか「兄さんと飲みました」なんて書かれても国民は興味がない。でも進次郎さんはみんながそういう話を求めているから成り立っている。そもそもの土台が違うんです。

 また、地元の話題はささいなこともブログで紹介しています。地域の人にしてみれば、進次郎さんがお祭りに来てくれただけでもうれしいのに、写真をアップして「○○に行きました。みなさんありがとう。やっぱり地元はいいな」なんて書いてくれたら感激して余計に応援したくなりますよね。そういった内容を4年半で2000以上発信しています。実際、続けるのは大変だと思います。

※女性セブン2014年2月27日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング