米に高齢者の街が存在 日本なら愛媛県松山市が理想的な環境

NEWSポストセブン / 2014年2月23日 7時0分

 アメリカには「高齢者のための街」が存在している。アリゾナ州にあるのは、55歳以上の高齢者を対象とした街「サンシティ」。ここは「リタイアメント(退職後)・コミュニティ」と呼ばれる住宅街で、退職者が住みやすいように様々な工夫が凝らされている。

 円形の街並みで、どの家からも街の中心までは1マイル(約1.6km)ほど。その中心地にはショッピングモール、銀行、郵便局、娯楽施設など、生活に関するすべてが集まっている。もちろん医療施設なども充実している。フィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史氏が解説する。

「高齢者向けのサービスに特化したサンシティのような街は、今やアメリカ全土で見られます。雑誌でも『リタイアメント・コミュニティ・ベスト100』などの特集も組まれているほど。

 高齢化が進む日本にも、こうした街が必要ですが、未だ実現していません。ですが、理想に近い環境ならば、日本にもある。

 私がオススメするのは、愛媛県松山市です。物価が東京とくらべて1割も安い。ある程度の経済規模があり、空港も街中から近く、都会とのつながりがある。大きなデパートもあるし、医療も充実している。

 何より街がコンパクトなので行動範囲の狭い高齢者にとっては用事を済ませやすい。温泉などのアクティビティもある。老後を過ごすには素晴らしい場所だと思いました。私自身、老後は松山でと考えています」

※週刊ポスト2014年2月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング