近藤真彦と滝沢秀明対談 NHK師弟共演について語り合う

NEWSポストセブン / 2014年2月24日 7時0分

 木曜時代劇『鼠、江戸を疾る』(NHK総合 木曜20時~)では、武家屋敷から盗んだ千両箱を貧しい庶民に分け与える義賊・鼠小僧役で主演の滝沢秀明(31才)と、その主題歌『千年恋慕』(ソニー・ミュージックレコーズ・2月26日発売)を歌う近藤真彦(49)。主演ドラマ×主題歌という形で、師弟共演を果たしたマッチとタッキーが本音で語り合った。

近藤:主題歌の話が来たとき、滝沢が一生懸命やるドラマだから、足を引っ張らないようにしないとってまず思ったよ。先輩のおれが、滝沢を後押しするような曲ができなきゃどうするっていうプレッシャー。だから、曲にはこだわったよね。

滝沢:…今初めて聞きました。いつもどっしりしていて頼もしい兄貴のマッチさんが…。そう言っていただけてとても光栄です。ぼく、マッチさんの"ずっとマッチでい続ける"ことがすごく素敵だからこそ、ずっとタッキーでいたいって思えるんです。

近藤:おれはいろんなところで、ジャニーズの後輩たちが礼儀正しいねって褒められるたびにうれしい。兄貴っていうより、父親の気分だな。

近藤:現実の子育て? 今春、小学校に入学する7才になる息子は、すっごい負けず嫌いだよ。“はい、ぼくの勝ち~”って、何でも順位をつけたがる。バレンタインチョコの数も“パパ8個だったよね? ぼくは12個だからね”って(笑い)。

滝沢:わはははは!

近藤:小学校受験はたしかに大変だったけど、本人がいちばんがんばっててさ。だからふたりで風呂に入ったとき、めいっぱい褒めてやったんだ。って、滝沢もそろそろ考えないと! 31だろ?

滝沢:いいなあとは思います。昔から結婚願望は強いんですけど、なかなか…。

近藤:え、言わなくていいの? 女性誌ならではの暴露トーク。『滝沢、ついに結婚…か!?』。

滝沢:だ、だいじょうぶです!

近藤:結婚願望あり、だけじゃ弱いかもなあ(笑い)。

※女性セブン2014年3月6日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング