偏差値40アップ請け負うカリスマ講師が部下の育て方を伝授

NEWSポストセブン / 2014年2月23日 7時0分

写真

人材育成テクニックを語るカリスマ塾講師の坪田さん

 偏差値30だった金髪ギャルが慶應大学に現役合格するまでの軌跡を綴った著書『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA)が話題のカリスマ塾講師・坪田信貴さん。これまで1200人以上の子供達を個別指導し、心理学を使った学習指導法で短期間で偏差値20~40アップを実現してきた。そんな坪田さんに、会社でも使える人材育成のテクニックを伝授してもらった。

――まず、部下を育てるにあたっていちばん大事なポイントとは?

坪田:指導において最も重要なのは「ビジョンの共有」です。一般的に上司は必ずといっていいほど「勝手に動いてはだめ」と組織のルールに縛り、ビジョンの共有をせずに一方的に指示し、部下を駒のように動かして次々と仕事を与えて、やる気を削いだり疲弊させたりしています。

 そうではなく、“こういう世の中にするために貢献したい。そのための私たちの役割はこういうことで、まずこの段階からやらないといけないよね”とビジョンを細かく具体化して認識し合えば、大きな“絵”が見えるので、それぞれがそれに向かって自分の力を発揮できます。今がどれだけ大変であっても、自分がやるべきことだと認識できるのです。

――坪田先生は、信頼関係が成り立った後には厳しい指導もするということですが、上司が部下との信頼を築くためのテクニックとは?

坪田:【相談をする】、【長く見つめる】、【心の中で抱きしめる】です。相談する、つまり弱みを見せることによって、相手を認めていることになります。そして相手を長く見つめる、よく見るというのは信頼を築く上での基本です。会社では多くの場合、結果や報告書などをその場でやりとりするだけで、それまでその人がどう動いているかなどには目が向いていないですが、普段からその部下のことをよく見ているということを示すことで、信頼が得られます。

 また、話している時に相手を“心の中で抱きしめる”ことによって、たとえ苦手な上司・部下でも自分の中から悪意は出しようがなくなります。そのためには、相手のいいところを20個書き出す作業をするといいです。ぼくは生徒に対する指導において、最初の3か月はとにかく相手と信頼関係を築くことに注力します。築いた上でなら、厳しいことを言ってもどれだけ叱っても、相手が愛情だと受け止めてくれるからです。

――上司が部下に相談するというのは具体的にどういうことでしょうか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング