行列のできる東京のおにぎり店 変わり種の揚げ物ネタも充実

NEWSポストセブン / 2014年2月26日 16時0分

写真

蒲田屋のおにぎりは揚げ物系が充実

 お弁当の主役として家庭的なイメージのあるおにぎりだが、全国に名前を轟かす「おにぎり専門店」も数多く存在。その中のひとつが、東京・北区上十条の「蒲田屋」だ。

 土日の昼時には行列ができる地域の繁盛店。平日は1000個以上、土日は2000~3000個を4人でにぎっている。人気ナンバー1は看板の「エビ天(塩・醤油)」。「さけ」など定番具材も取り揃えるが、「マグロかつ」「ピリ辛ウインナー」「しそれんこん天」「ささみチーズ」など、揚げ物系が充実。小ぶりなのでたくさんの種類が楽しめる。

 明太子マヨネーズが隠し味の「カニカマ天」は発売当初は揚げ物ではなく、「お客さまの反応でどの商品も改良を重ねている」と、2代目。40種類以上、100円。

◆蒲田屋
【住所】北区上十条3-29-15
【営業時間】6時半~17時半
【定休日】月

※週刊ポスト2014年3月7日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング