杏と東出昌大の娘役・松浦雅 円周率暗唱シーンの苦労を語る

NEWSポストセブン / 2014年2月28日 7時0分

写真

『ごちそうさん』でめ以子と悠太郎の長女を演じる松浦雅

「登場する料理はどれも美味しくて、『カット』の声がかかると、みんなで一斉に食べ始めるんです。杏さんも『食べ~』って薦めてくれて、余っていればおかわりもできちゃうんです。お箸が止まらず、カレーうどんは撮影中に3杯も食べちゃいました」

 こうはにかむのは連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK総合)に、杏演じるめ以子と東出昌大演じる悠太郎の長女・ふ久役として、1月末から登場した松浦雅(18)。人と接することが苦手で物理にしか興味がないという少し変わった少女の役どころだが、素顔はよく笑う天真爛漫な18歳。

 2012年に「JUNONガールズコンテスト」の初代グランプリに選ばれ芸能界入りしたばかりの彼女は、テレビドラマ初出演で“美味しい役どころ”を射止めた。ドラマの撮影は大阪で行なわれるため、兵庫にある実家から撮影現場に通う毎日。

「台詞も頑張って覚えていますが、円周率を暗唱するシーンは大変でした。40桁ぐらい覚えなくてはいけなくて、自分の声の録音を聞きながら何度も何度も覚えました(笑い)」

 高視聴率ドラマの主人公2人の娘役に、小保方さんで注目の「リケジョ」。話題独占も美味しすぎる?

◆松浦雅(まつうら・みやび):1995年6月14日生まれ。兵庫県出身。女優として昨年はミュージカル『美少女戦士セーラームーン』などに出演する。

撮影■アライテツヤ

※週刊ポスト2014年3月7日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング