月100万円の医療費負担を9万円おさえることができる制度

NEWSポストセブン / 2014年2月28日 7時0分

 マメ知識を知っておくと、意外とお得になるのが医療費だ。例えば、大病やケガで多額の医療費がかかったときには「高額療養費制度」というものが頼りになる。

 もしも、手術や治療で月に100万円かかることになったとしても「高額療養費制度」を利用すれば、実際の負担額は月9万円を超えることはない。100万円の医療費のうち、70才未満なら、まず3割が自己負担なので、窓口で支払うのは30万円。

 さらに「高額療養費制度」を利用すると、1か月の医療費が約9万円を超えた分については、加入する健康保険に申請すると、払い戻してもらえる。つまり、約21万円が後から戻ってくるのだ。

『読むだけで200万円節約できる 医療費と医療保険&介護保険のトクする裏ワザ30』(ダイヤモンド社刊)著者・早川幸子さんは、こう説明する。

「1年に4回以上この制度を使った場合、4回目以降は自己負担の上限額がさらに4万4400円に下がります」

 どんな病気になっても、最大でこの程度の負担ですむなら、とりあえずは安心。高額療養費制度が使えるのは保険診療のみで、食事や差額ベッド代、交通費などは実費となる。高額療養費制度の申請をしないまま大金を払い続けている人も多いので注意を。

「支給申請の通知は郵便でくるので、必ず確認。わからない場合は、加入する健康保険の窓口に問い合わせましょう」(早川さん)

※女性セブン2014年3月13日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング