野球選手名鑑 目立つためイチローは趣味「熱帯魚」と書いた

NEWSポストセブン / 2014年3月4日 16時0分

 プロ野球が100倍面白くなる選手名鑑。都内の某書店では系13種類が陳列され、内容もそれぞれ特徴があるが、名鑑は当の選手たちも楽しみにしているという。広島・阪神でプレーした金本知憲氏もその1人だった。

「若い頃、熟読していましたよ。年俸を見て、コイツこんなに貰っとるんかい、とライバル心を燃やしていましたね」

 金本氏によれば、選手が名鑑で注目するのは年俸のほか、「趣味欄」と「好きな女性欄」なのだという。

「この欄で遊ぶんです。僕は趣味欄にやったこともない『昆虫採集』と書いたことがあるし、好きな女性欄には、離婚した同僚・西山秀二さんの元妻の名前を書いたこともありました。

 後者は翌年、新井(貴浩)が真似してスベっていましたね。趣味は『新井いじり』と書いとけばよかったかな」

 今年の名鑑を見ると、「映画鑑賞」「ゴルフ」といった一般的なものに混じって、「タンバリン」(巨人・鈴木尚広)、「洗濯、電気屋めぐり」(西武・藤原良平)、「マジック」(阪神・田上健一)など変わったものもある。

「あのイチローもかつて『熱帯魚』と書いたことがあります。これは本人が、“ドラフト4位で目立たないから、変わったことを書いてアピールしたい”という思いからでした」(ベテラン記者)

 趣味欄がない名鑑もあるが、これは「昔は野球選手の趣味というと、パチンコや麻雀、競馬が定番。これでは子供に夢を与えられないというので項目から外した」(出版関係者)という事情があるという

※週刊ポスト2014年3月14日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング