所有馬が2週連続優勝のDr.コパが実践する金運アップ術

NEWSポストセブン / 2014年3月7日 16時0分

 長い府中の直線──残り400mで先頭に立つと栗毛の馬体が躍動する。15頭の猛追を振り切り、見事、1着でゴールインしたのは、なんと単勝最低人気(2万7210円)のコパノリッキー。

 2月23日、東京競馬場(東京・府中)で行われた今年最初のG1レース・フェブラリーステークスで大波乱を起こした同馬だが、オーナーは風水でお馴染みのDr.コパさんだった。彼にとっても、馬主歴12年目にして初のG1制覇となった。

「昨年、伊勢神宮でお社が遷宮されたこともあって、今年、日本には良い運気が満ち溢れているんです。ですから競馬や宝くじなどの勝負ごとには、打ってつけの年なんですよ」

 こう笑顔で語るコパさんだが、この記念すべき日に向けて、持ち前の風水を生かした“金運&勝負運アップ”術を行ってきたという。

 良い運気をつかむためには、身の回りに漂っている“悪い気”を取り払うことが必要。そのために入浴時にするべきことがある。

「体を洗うタオルやスポンジは普通、家族で一緒のものを使うことが多いと思いますが、それだと他の人が洗い流した“悪い気(厄)”を受け取ることにつながります。ですので、自分用のものを用意して、体を洗うといいですよ。ちなみに色は、厄を払うラベンダーがベストです」(コパさん、以下「」内同)

 また入浴の仕上げに粗塩を頭や両肩にのせて、サッと洗い流すだけで、さらに体を清められる。コパさんもレース当日の朝、この入浴法を行って競馬場へ向かったのだった。

 コパさんが実践していたのは入浴法だけではない。嫌いな食べ物を、あえて食べて運気アップにつなげたという。

「嫌いな食べ物を食べると、今まで体内になかった新たな運気を取り入れることができるんです。運気の流れを、さらに上昇させたい人には効果的なんです」

 そして大勝負の当日には、その日のラッキーフードを食べて、最後のダメ押しを。

「レース当日のラッキーフードが肉だったので、朝にはすき焼き、昼にはステーキを食べたんですよ」

 コパさんによれば、今年のラッキーカラーはキャメル、ピンク、ゴールドの3色。その中でも、特にオススメしたいのがピンクなんだとか。

「ピンクは人間関係、つまり“縁”を呼んでくれる色ですが、“縁”は“円”。つまり金運も呼び寄せてくれます」

 コパさんはスマートフォンのケースをピンク色に新調。G1制覇の日も、下着にピンクを取り入れていた。

「宝くじを買うなど、勝負の日には、ピンクを取り入れましょう」

 またコパさんは金運と勝負運をもたらす金色のウマの置物を製作している。

「ウマの置物は、勝負運をあげる南、金運と楽しいときを呼ぶ西に置くといいです。私も自宅で置いていましたから。G1制覇にも効果があったと思いますよ」

 コパさんの愛馬コパノリッキーは、わずか1分半ほどで約1億円の賞金を稼ぎ出した。

 しかも、翌週にはコパさん所有の別の馬が優勝賞金4000万円のレース(G3・阪急杯)で快勝。億万長者を目指すなら、アナタもツキまくりのコパ式開運術を試してみては?

※女性セブン2014年3月20日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング