大橋未歩 テレ東50周年特番抜擢で「次は大江超え」の悲願か

NEWSポストセブン / 2014年3月11日 7時0分

 3月2日に放送されたテレビ東京の開局50周年記念番組でMCを務めたのは大橋未歩アナ(35)だった。大橋アナは昨年1月、突然の脳梗塞に襲われ、療養を余儀なくされた。9月に復活したが、その後もかつてほどの活躍はなくなっていた。

 しかし50周年記念の節目の特番に抜擢。晴れ舞台で思わず飛び出した一言「テレ東は、基本(他局を)落ちた人間の集まりです。そう、私もです!」は、かつてのコンプレックスに打ち勝った自信であふれていた。こうなると、次の悲願は「大江超え」である。
 
 かつてテレ東では、大橋アナと大江麻理子アナ(35)の2人がツートップとして君臨。「アナウンス室は大きく“大橋派”と“大江派”に分かれていた」(別のテレ東社員)といわれるほどのライバル関係にあった。しかし3月31日からは大江アナが『ワールドビジネスサテライト』のキャスターになるなど、大橋アナが戦線離脱していた間に水を空けられた感は否めない。
 
「大橋アナは、かつての主戦場であるバラエティでの復活を狙っているはず。上司にヒンシュクを買っても番組で『コマネチ!』のポーズを披露したほどサービス精神は旺盛ですからね。オファーしたいというプロデューサーは少なくないようです」(某バラエティ番組スタッフ)
 
 今後の「大橋・大江戦争」の行方から目が離せない。しかし、この2人を見逃すなんて……。他のキー局は、採用の面でもテレ東に脅かされているようだ。

※週刊ポスト2014年3月21日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング