寝たきりから「奇跡の美肌」実現 飯塚かこ54歳の「復活美」

NEWSポストセブン / 2014年3月13日 16時0分

写真

54歳の飯塚かこさんは22歳の娘と洋服を共有

 いま、“オトナの女性”の活躍が著しい。40代、50代向け女性ファッション誌が好調な売り上げを続け、実年齢よりもはるかに若々しく美しいいわゆる“美魔女”が次々登場し、メディアを賑わせている。いまや美魔女をとりまくファッション、食、美容などあらゆる分野は「美魔女ビジネス」として一つのマーケットとして確立し、まだまだ成長傾向にあるという。

「美魔女」という言葉が世に広まるきっかけとなった光文社の雑誌『美ST』や『HERS』。そこで読者モデルとして活躍する飯塚かこ(54歳)は50歳で読者モデルデビューを果たして以来、彼女が誌面で着用した洋服や著書「年を重ねるたびに、どんどん美人になる方法」(大和書房)内で紹介した美容グッズには問い合わせが殺到するというカリスマぶり。

 たしかに、彼女の20代にも30代にも見えるかわいらしさやすべすべつるつるの肌には驚くばかりだが、ほかの年齢不詳の美しさで話題を呼んでいる女性たちと比べると、そこまで秀でたなにかがあるようには見えないのだが……。

 実は、彼女がここまでの人気を博す理由は外見だけによるものではなかった。「寝たきり状態」の健康状態から“カリスマ”にまで自分を引き上げた「復活美」と、そこで実践した美容メソッドにあったのだ。

 彼女を重度の更年期障害が襲ったのは42歳のときだった。家事は夫が極力こなし、子どもたちもお弁当を作るなど自分のことはなんでも自分でやり、「家族に支えられてなんとか生きていた」状態だったという。その症状が徐々に回復に向かい始めたのが47歳。その頃から、寝たままでもできる様々な健康法や美容法を試すようになった。

「更年期障害で苦しんでいた時も、皆様の前に出させていただいているいまも、実践していることはほとんど変わっていません。基本的には家で、簡単にできることばかり。お金は子どもたちのために使いたいと考えているので、洋服は22歳の娘と兼用するなど、自分のことについては節約、節約(笑)」(飯塚さん、以下同)

“22歳の娘と洋服を共有できる54歳の母”という点にも驚きだが、話を聞く限り彼女の健康&美容メソッドは本当に気軽にできるものばかりのようだ。

「愛用品といえば、口にくわえて顔の筋肉を鍛える『パタカラ』や、気軽に栄養補給ができる『マイクロダイエット』。あとはストレッチやマッサージ、買い物ついでのウォーキングを欠かさないようにしています」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング