キム・ヨナの熱愛をスクープした韓国『ディスパッチ』の実力

NEWSポストセブン / 2014年3月13日 16時0分

 ソチ五輪閉幕から10日あまり。3月6日、韓国のエンタメニュースを扱うインターネット新聞社『ディスパッチ』がキム・ヨナ(23才)のデート写真をスクープした。お相手はアイスホッケーの韓国代表キム・ウォンジュン選手(29才)。180cmという長身と甘いマスクから、韓国アイスホッケー界「最高のイケメン選手」とも呼ばれている。

「交際が始まったのは一昨年の7月。ソチ五輪に向け現役復帰したヨナが、同じスケート場で練習していたウォンジュンと出会ったのがきっかけだそうです」(韓国在住ジャーナリスト)

 ヨナの所属事務所は報道をおおむね真実と認め、韓国だけでなく世界中で大きなニュースとして取り上げられた。

 3月8日放送の『世界HOTジャーナル』(フジテレビ系)では、この記事を報じた記者が、スクープの裏側をこう話していた。

「最初はキム・ヨナのオリンピックまでの過程を記録する取材を予定していました。でも、去年の7月にキム・ヨナのごく親しい人から熱愛に関する情報提供があったんです。それで8月から本格的に取材を始めました。ふたりはよく焼き肉デートをしていましたが、時間は2時間ほどと短いですし、必ずグループ行動をするので、なかなかツーショットが撮れなかった」

 総勢12人の記者がシフトを組み、連日狙い続けたスクープ写真。取材を始めて1か月。ヨナの誕生日(9月5日)にとうとうツーショット写真が撮れたという。この『ディスパッチ』について、前出のジャーナリストが説明する。

「現在、韓国で芸能スクープを扱う媒体は、主に『ディスパッチ』と『スポーツソウル』の2つといわれています。『スポーツソウル』は老舗の新聞社で、そこから独立した人物が『ディスパッチ』を立ち上げたそうです。『ディスパッチ』は数か月から半年に及ぶ長い取材を経て、大物スターの熱愛の決定的な写真つき記事を掲載し、韓国ではここ数年で注目されてきています。しかし、そのスクープの大きさのわりに、一般的な知名度はあまりないんですよ。もしかしたら日本の韓流ファンの間でのほうが有名かもしれませんね」

※女性セブン2014年3月27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング