1年で24kgやせた女性漫画家「白米と鶏肉は太らない食材」

NEWSポストセブン / 2014年3月17日 7時0分

 漫画家の日向琴子さん(37才)は身長167cmで76kgあった体重を52kgまで落とすことに成功した。このダイエット成功体験で『ビューティー・コロシアム』(フジテレビ系)に出演。国民的美魔女コンテストでも入賞経験が。

「これまでダイエットに1000万円は使いました。130万円の医師監修施設で3㎏しかやせなかったことも。そんな私が一念発起し、ダイエットに挑みました。まずは2週間食事と体重を記録し、何を食べると太るのかを確認することから始めました。

 その結果、白米や鶏肉は太らないOK食材。甘い物やうどん、牛肉が太る原因のNG食材だと判明。また、早食いになる丼物は食べるのを控えました」(日向さん、以下「」内同)

 さらにNYで活躍するダンサーの坂見誠二さんが考案したという“クーガーダンス”を実践。

「クーガー=女豹のことで、女性の体を美しく見せるためのダンスエクササイズ。代謝を上げ燃えやすい体に改善し、くびれのある女性らしい体形を目指しています。1年で24kgやせました」

※女性セブン2014年3月20日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング