家庭内引っ越し実施 お互い干渉しなくなり夫婦円満になった

NEWSポストセブン / 2014年3月18日 11時0分

 清水アキラや加山雄三が告白し、話題になった「卒婚」にはいろいろな形がある。遠くに離れて住む形もあれば、近所で別々に住むことも。我慢できない部分が解消されれば、円満夫婦に近づけるはず? 千葉県に住む61才パート女性は旦那と家の中で別居しているという。いったいどういうことなのか? その女性が語ってくれた。

 * * *
 私の実家を二世帯住宅に改築して両親と住んでいましたが、8年前に父が亡くなり、一昨年、母も入院。空き家になった階下を貸家にしようかと夫(64才)に相談すると「おれに貸して」と意外な申し出。「もとはお前の実家だから家賃は払う。生活は別にしないか」と言うのです。

 夫婦なのに何も別居しなくても…。なんで突然そんなことを言い出すのかと最初は反対しました。

 でも夫は「試しにやってみようよ」と言って譲らない。単身赴任が長かったからひとりがいちばんくつろげるんだそう。

 やってみて納得。ひとつ屋根の下にいるけど“ひとり”は最高です。最近は夫と出かけた帰りに、居酒屋に立ち寄ったりしてます。

※女性セブン2014年3月27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング