古い油やドブ・野良犬… 加齢臭前30~40代男性のニオイ評価

NEWSポストセブン / 2014年3月18日 16時0分

 電車通勤をする20代会社員の由紀さん(仮名)は、朝の通勤ラッシュを“苦行”や“拷問”と感じることがある。自宅の最寄駅から電車に乗ると、まだ春先だというのに、こもったような、ひどい臭いがすることがあるからだ。「朝の通勤のときだけ臭う」と由紀さんは言う。

「初めて嗅いだときは、誰か古い油で揚げたものでも、持ち込んだのかと思ったんですが、一週間くらいして原因が分かりました。朝だけ一緒になる40歳くらいの男性のうち、何人かの後ろに立つと強烈に臭うんです。加齢臭ってもっと、じわじわくるものでしょう? でも脳みそをぐりぐり押されているような、独特のニオイなんですよ」

 由紀さんが同僚に通勤電車の“苦行”について話すと、同じような悩みが次から次へと飛び出した。30代の先輩からは「最近、ダンナのニオイが気になるようになったのを指摘した」という打ち明け話も。その先輩によれば、脂臭さが際立つその臭いは「ミドル脂臭」と呼ばれるもので、特に後頭部が要注意。「だから毎晩、頭をしっかり洗えているか、お風呂上りの夫を一緒にチェックしている」そうだ。

 大手化粧品メーカー・マンダムが調査結果をまとめた「男と女のニオイ白書Vol.1」によると、30~49歳の夫を持つ女性に対して、「夫のニオイ(体臭)が気になりだしたタイミングは?」という質問には「結婚後」と回答したのが75.4%。また「ニオイが気になり出した時の、夫年齢は?」では、「35~39歳」が最も多い31.9%となった。

 さらに「夫のニオイが気になるのはどんな場所か?」という質問には、「特定の場所ではなく近くにいるとき」(60.9%)、「寝室に入ったとき」(48.9%)、「すれ違うとき」(22.1%)など、実際に夫のニオイに悩まされる妻は珍しくない。この結果に従えば、四六時中、夫は臭いと思われている――と言っても、過言ではないのかもしれない。妻やパートナーの立場としては、自分自身が感じるニオイへの不快感だけでなく、夫やパートナーが男性として“妻に大事にされてないイメージ”“臭いが気になるほど、近づかない距離感なのでは?”といった、かわいそうな評価になっている懸念も。

 ちなみに前出調査のフリーアンサーでは、そのニオイを「汗くさい」「脂(油)くさい」「もわっとして嫌なニオイ」と形容。すごいものでは「野良犬のようなニオイ」「インスタント焼きそばの腐ったようなニオイ」「ドブのようなニオイ」といった回答も出たほどだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング