「前田健太はメジャー移籍狙い火事場の馬鹿力見せる」と識者

NEWSポストセブン / 2014年3月26日 16時0分

 3月28日にセ・パ同時開幕するプロ野球。開幕直前、ファンにとって気になるのが我がチームは今年はやってくれるのかということだ。プロ野球カード専門家のしゅりんぷ池田氏は今年の優勝チームを「セ=広島、パ=ロッテ」と予想する。

 * * *
 セは広島が優勝します。マエケンはシーズン終了後にポスティングでメジャー移籍を狙っていますから、昨年のマー君のように好条件獲得のため、火事場の馬鹿力を発揮するでしょう。

 1985年に阪神が優勝した時、長嶋茂雄さんは「時代の要請であります」といった。

 当時全盛だった、広岡達朗監督の西武に代表されるような、緻密な管理野球に飽きたファンに、奔放に打ちまくる阪神の野球が支持されたんです。

 これと同じく、カネに物をいわせる大型補強にNOを突きつけ、草の根の球団経営を続ける広島を、世の中が後押ししている気がします。

 広島に関する出版物が増え、密かなブームになっているのも、その証左でしょう。

 パはロッテが優勝候補。ドラ1の石川は新人王の本命、正捕手・里崎智也の控えもドラ2の吉田裕太が即戦力で新人が豊作です。

“アジャ”の愛称で知られる井上晴哉の開幕4番だってあるかもしれません。

※週刊ポスト2014年4月4・11日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング