坂上忍 「いいとも後番組がコケても大活躍は続く」と占い師

NEWSポストセブン / 2014年3月30日 7時0分

写真

人気占い師・キャメレオン竹田。坂上忍の今後の活躍は?

 西洋占星術とタロットカードを駆使した独自の占いにより、Facebook上でもっとも知名度の高い占い師と言われるキャメレオン竹田。そんな彼女が、旬の有名人の未来を予測する新シリーズ「あの人のこと“きゃってに”占っちゃいました」。今回は現在、大ブレーク中で、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の後番組『バイキング』(同)のMCにも起用された坂上忍を占ってもらいました。

 * * *

──今もっともテレビに出ている芸能人といえば坂上忍さんだと思うのですが、ホロスコープ的に見て、どういう状況なんですか?

竹田:坂上さんのホロスコープの中で今、木星という天体が積極的に使われ始めています。木星は45才くらいから10年間メインで使う星なんですけど、これが、坂上さんの場合、簡単に言うと“飛び火”というキャッチフレーズがついているんですよ。(笑い) 今、坂上さんは46才なので、ちょうど、言動がメディアに乗って飛び火しやすい、広まりやすい時期なんです。そういう意味で、今ブレークしているのは納得できますね。

──ということは、木星が使われている55才くらいまでは今の人気が続くということですか?

竹田:そうだと思います。さらに坂上さんのホロスコープを見ると、55才以降は、土星をメインにつかうのですが、それが坂上さんの場合、“妥協しない”っていうキャッチフレーズなになっています。ブレることなく、坂上さんらしい姿を保ち続けられるという意味で、55才以降も今と変わらず活躍できそうな感じですよ。

──坂上さんといえば、もともとは子役出身でその後アイドル的な人気となり、そして現在は当時とはまったく違う毒舌なキャラクターになっていますよね。そういう意味では、今まではブレていたということでしょうか…。

竹田:(坂上のホロスコープを眺めながら)もともと坂上さんは太陽がふたご座の10°で、これってつまり突飛なことをすると受け入れられやすいというタイプなんですよ。なので、正統派よりも今のような毒舌キャラというのは合っているんですよね。若い頃のアイドル的なイメージから、今のキャラにシフトしていったのは、とても正解だと思います。

──坂上さんは『笑っていいとも!』の後番組『バイキング』のMCも務めますが、どうなんでしょうか?

竹田:(ホロスコープを眺めながら)…うーん、ちょっと不安がありそうというか、プレッシャーがすごそうというか…。正直、この番組が坂上さんを今以上に押し上げていくような感じはあんまりしないです(笑い)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング