愛子さま 公開されなかった卒業文集の作文で犬への愛綴る

NEWSポストセブン / 2014年3月29日 16時0分

 3月18日、宮内庁は学習院初等科卒業に際して、愛子さまが卒業記念文集『桜愛集』に書かれた作文を公開した。

「この卒業文集『桜愛集』は、卒業を目前に控えた児童たちが、題材を決め、構成を考えてから、約1か月の時間を費やして文章にするため、かなり大変な作業で、初等科の“国語教育の集大成”ともいえる課題なのです。

 今年は“思い出”“12才の心”“夢”というテーマに沿って、児童たちは3本の作文を書くわけです。今回、宮内庁が発表した愛子さまの作文は“思い出”をテーマとしたものです」(学習院関係者)

 つまり、卒業文集には、残り2作の愛子さまの作文も掲載されている。『女性セブン』は、この作文を独占入手し、4月10日号で全文掲載している。そこには、母・雅子さまが愛子さまに、幼いころから伝えてこられた“教え”が詰まっていた。

<私は、飼っている犬や猫と過ごす時が、一日の中で心が和む楽しい時間です>

 こんな書き出しから始まる“12才の心”というテーマの作文では、愛子さまはお住まいの東宮御所でご家族と一緒に暮らす愛犬や猫について、その思いを紡がれている。

 今皇太子ご一家は、2009年の春、生後2か月でやってきた愛犬・由莉と2匹の猫を飼われているが、それ以前はピッピとまりという2匹の犬を飼われていた。

「由莉の散歩とごはんは愛子さまがなさっています。毎朝、登校される前に、由莉を連れて赤坂御用地内を散歩されていますよ。ご褒美をあげながら、躾を教え込まれたりするなど、それは真剣に由莉と向き合われています。由莉がしているバンダナは、愛子さまが手作りされたものなんです」(宮内庁関係者)

“いじめ問題”発生以降、愛子さまの登校時に雅子さまが付き添われていたが、2011年秋にはおひとりでの登校を再開された。当初、愛子さまが不安になられないようにと、雅子さまに代わって由莉が一緒に登校したこともあった。

<成犬となった今も、子犬の時と同じように、家族が帰って来ると、しっぽを振りながらおもちゃをくわえて走り回り、喜びを表現しようとしています(中略)由莉は、出された指示に従う時には、得意そうに目を輝かせてこちらを見て、とても可愛いです>

 ごきょうだいのいらっしゃらない愛子さまは由莉を妹のように思われているのだろう。

※女性セブン2014年4月10日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング