国交省が「ベビーカーマーク」制度化した背景に増加する苦情

NEWSポストセブン / 2014年4月4日 11時0分

 国土交通省は今年3月下旬、「電車やバスの車内ではベビーカーを折り畳まなくてもよい」とする共通ルールを明らかにし、優先スペースを示す「ベビーカーマーク」を公表した。
 
 マークは子供が乗ったベビーカーを大人が押し歩くデザイン。今後、車内の車椅子スペースや百貨店などの優先エレベーターに貼り出す。同じデザインに斜線を引くことで、エスカレーターでの使用を禁じる“禁止マーク”も作られた。
 
 合わせて作成したポスターでは、『ベビーカーは大切な命を乗せています──ちょっと気づかう、そっと見守る』と標語を掲げ、一般の利用客に理解を求める。担当の国交省・安心生活政策課の担当者はこう語る。
 
「電車やバスの車内ではこれまでも畳まなくてもよかったのですが、明確なルールがありませんでした。子育てしやすい環境作りのため、改めて周知徹底する必要があり、マークの制定を決めました」
 
 首都圏ではすでに1999年、私鉄9社と都営地下鉄が折り畳まなくても乗車してよいとする方針を決定していた。しかしその一方で、「お客様同士の気配りや配慮をお願いしている」(JR東日本)という鉄道会社もあるなど、対応はまちまちだった。メーカー各社などで作るベビーカー安全協議会も、「鉄道会社によって混雑時は畳むようにお願いする場合もあり、これが正解というものがない」と話すように、あくまでお互いが気持ち良く乗車できるよう配慮する“気遣い”に任されてきたのが実情だった。
 
 それをわざわざ制度化した理由――その背景には、増加し始めているベビーカーに対する苦情がある。
 
 昨年、国交省が鉄道会社に行なった調査では、乗客から「ベビーカーは混んだ列車への乗車を控えて欲しい」という要望が寄せられたと回答した会社が、54.5%に上った。「迷惑」と考える人たちがよく指摘するのが、乗降口や優先座席を“占拠”するママ友集団への不満だ。
 
「2~3人のベビーカーママ友が乗り込んできたら悲惨。優先座席を占拠してスマホでメール、手鏡で化粧に夢中で、他の乗客がベビーカーに邪魔されて降りにくそうにしても知らん顔。優先席には確かに子連れ女性のマークがあるが、あれは抱っこしているイラストだ。現状ですらこんな状態なのに、マークで“お墨付き”をつけられると、どんな事態が起きるのか考えただけで怖い」(50代男性)
 
「せめて改札に近い一番混む乗降口は避ければいいのに、楽だからかそこにいる。駆け込み乗車してくる客がベビーカーにぶつかりそうになったのを何度も見た。駆け込みする乗客のほうが悪いのだろうが、万が一の事故を防ぐ意味で、母親も考えればいいのにとも思う」(40代男性)
 
 続いて多かったのが、荷物置きと化したベビーカーが、周囲の乗客をヒヤヒヤさせているケース。

「ベビーカーの持ち手にフックを懸けて、そこには高級ブランドの巨大な買い物袋がどっさり。子供を座らせている座席にも買い物袋がある。明らかに不安定で、いまに子供ごとバターンと倒れてしまわないかとゾッとする」(60代男性)
 
「荷物を積んだ状態で、車内に強引に突っ込んでくる。車輪で足を引かれたこともある。小さな子がいるから注意しづらい」(70代男性)
 
 ちなみにこうしてフックをつけて使う方法は、メーカー側も認めていない。
 
「ベビーカーが倒れて危険なので、もともと持ち手は荷物を懸ける構造になっていません。万が一の事故や故障は利用者の自己責任となります」(前出・ベビーカー安全協議会)

※週刊ポスト2014年4月18日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング