中高年になった学生時代の高嶺の花が簡単に誘いに応じる理由

NEWSポストセブン / 2014年4月18日 7時1分

『ビッグコミックオリジナル』(小学館)に連載されている『黄昏流星群』。弘兼憲史氏のこの人気漫画で今、中高年男性なら誰もが夢想する恋が描かれている。

 それは「星々流転」というストーリー。東京・杉並に住む専業主婦・鈴木麻紀(50)は、小学校時代の同窓会に出席し、かつて同じクラスだった船村健太(50)と出会う。

 小学校時代の船村は貧乏な家に育ち、学校ではいじめられっ子だった。しかしその後、独力で製作所を立ち上げ、世界的な企業に育て上げた。いじめられっ子時代の船村を、唯一優しく気遣っていたのが、クラス委員でクラスのマドンナ的存在だった麻紀だったのである。

 船村は「今も独身を貫いているのは、あなたのことが忘れられなかったからだ」と、麻紀に恋心を打ち明ける。麻紀は逡巡しつつも、ついにはホテルで船村と結ばれる。

 こんなドラマチックな話、フィクションの世界でしか起こらないだろう、と考えてはいけない。中高年男性に取材すると、青春時代に「高嶺の花」だった女性と、長い月日を超えて結ばれる。そんな悲願を果たした男性は意外に多いのである。

 なぜかつての「高嶺の花」たちは、いとも簡単に誘いに応じてしまうのだろうか。恋人・夫婦仲相談所所長の二松まゆみ氏が分析する。

「中高年になり、特に主婦として家庭に入った女性は、夫以外の男性と触れあう機会が非常に少なくなっています。そして多くの場合、その夫からも女性として扱われていない。その喪失感は、総じて学生時代に“美人”“マドンナ”ともてはやされた女性のほうが大きい。

“女として、このままでいいのだろうか”という不安を感じている時に、学生時代と同様の憧れをもって接してくれる男性がいれば、心が満たされるのは当然です。だからこそ男性にも、高嶺の花を口説くチャンスが出てくるのです」

 ある55歳の女性も、二松氏の意見に同意する。

「私たちの世代の女性って、本当に出会いがないんです。ご近所で男性と立ち話をしているだけで、“あの家の奥さんははしたない”と陰口を叩かれるんじゃないかと、不安になってしまう。

 その点、昔の仲間との同窓会は大義名分があるので気が楽なんです。私もここ10年で、中学や高校、大学の同窓会など、何度か参加しました。ここだけの話ですけど、常に出会いを期待しています。下着もお気に入りを着て出かけたり(笑い)」

※週刊ポスト2014年4月25日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング